スポンサーリンク

大学生「五輪ボランティア参加を考えていたが無償ではなく赤字になるのを知って諦めました」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

地方のある大学生は、ボランティア参加を、別の理由で諦めた。

「募集要項に交通費に関する項目もありますが、よく読むと滞在先から会場までのみ。地方から東京までの交通費や宿泊代は自費です。
これでは、無償どころか赤字で臨むことになる。大学側に行けと言われても、学生の懐事情では参加が難しい」

先の大学関係者は、文科省の今後の動きを警戒する。

「明らかな人員不足の場合、学生数に比例して、一定のボランティアの招集を促す通知が出る可能性がある。そうなれば、もう学徒動員の誹(そし)りを免れない」

交通費の支給は滞在先から会場まで 五輪ボラ参加で赤字になる場合も - ライブドアニュース
計11万人を募集予定の、東京五輪ボランティアの応募が9月中旬から始まる。交通費の支給は滞在先から会場までで、地方からの参加者の負担は大きい。ある地方の大学生は、無償どころか赤字になるため参加を諦めたという

 

ほんとそれ。無償どころか完全に赤字。ましてやオリンピック期間中、付近の宿泊施設に泊まろうもんなら大変な出費になるよね。

コメント