【悲報】小池百合子「ほいよ。これ、東京五輪・アチアチ・弁護士ボランティア応募要件ね」

この要件を満たせない無能弁護士はお断りだよ

【東京オリンピック弁護士ボランティア応募要件】

(1)日本弁護士連合会に登録された日本法弁護士又は外国法事務弁護士であり、実務経験年数が3年以上であること(スポーツ仲裁・商事仲裁を含む仲裁実務の経験があることが望ましい)

(2)日本語で問題なくコミュニケーションが取れることに加え、英語又は仏語でも問題なくコミュニケーションが取れること(応募時に語学レベルを証明できる資料を提出されることが望ましい)

(3)依頼者となるアスリート等と問題なく連絡が取れる通信手段(電子メール、スカイプ等)を有していること

(4)日本人講師が行う研修(合計6回を予定)及び海外講師(CASの担当者を含む)が行う研修(合計2回を予定)に原則としてすべて出席できること

(5)基本的にCASの臨時仲裁廷(Ad Hoc Division及びAnti-Doping Division)が設置されている期間中(具体的な期間は確定していませんが、東京2020大会の期間と重なるものとご理解いただいて構いません。)は東京で対応できるとともに、後に指定される当番日には東京で待機できること

(6)弁護士賠償責任保険の被保険者であり、かつ、保険金額が1億円以上であること

http://www.jsaa.jp/release/2019/0426_2.html

sakamobi
sakamobi

弁護士までボランティアなのかよ…😰😰😰

コメント