sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

【失望】大絶賛された「東京チカラめし」の没落っぷりが酷すぎる件 / 臭くて不潔で美味しくないの三拍子

   

2011年に華々しくオープンし、消費者やメディアから焼き牛丼が大絶賛されたファストフード店「東京チカラめし」。オープン当初は吉野家や松屋などの大規模ファストフード店の経営を揺るがすライバルになるといわれていたが、どんどん味とサービスが低下し、まったく話題にすらならなくなった。

・2013年には不評が広がって大幅に減益
そもそも「東京チカラめし」はオープンした当初が絶頂期。どんどん味と質が低下し、2013年には不評が広がって大幅に減益。外食業界からも消費者からも「吉野家を超えるエース」になると思われていたが、2017年現在、そんなヒーローっぷりは見る影も無い。

・どんどん悪化する評判
2013年ごろからメディアでも「東京チカラめし」の没落っぷりが報じられるようになり、その影響で「改善して復活するのでは」と思っていたが、むしろどんどん悪化。正直なところ「東京チカラめし」でご飯を食べるより、「何も食べないで我慢したほうがマシ」と思えるレベルの味。2017年9月、実際に「東京チカラめし」に出向いて接客と味を調査したが、愕然とするほど酷いありさまだった。

・客の飛沫を掃除せず放置か
まず布巾が汚い。雑菌が繁殖しているためか、布巾から洗濯物の生乾きのニオイがする。そんな不潔な布巾を使用しているため、店員がテーブルを拭くとニオイが広がり、むしろ拭かないほうが清潔という状況に。

カウンター席の不潔さは異常。客が食べたときに発生した飛沫が調味料や箸の置き場に付着しており、こびりついている。それを掃除しないため、どんどん硬くなって模様になっている。

・食欲が失せるほどの不潔さ
客席でさえそんな不潔さなのだから、カウンター席の店員側はもっと汚い。タレなどの液体がベットリと付着しており、食欲が失せるほどの不潔さ。汚れ具合や経年劣化が店の味になることは多々あるが、単に不潔な店とは別物。これは褒められた汚さではない。

・昔はタレと肉の相性が抜群に良かった
ガッカリの極めつけは、オープン当初とはまったく別物と言っていいほど味も肉質も低下している焼き牛丼。酸味が強く、肉の食感もパサパサで美味しくない。オープン当初は薄めながらもジューシーな肉を使用しており、タレも濃いめながらヤミツキになる旨味があった。タレと肉の相性が抜群に良かったのだ。今はそれがない。

・いまは酸味が強いだけのタレ
ちなみに、オープン当初は生卵が必須トッピングだったが、いまはオススメしない。生卵のまろやかな味が、肉の鋭い酸味を強調し、そのまま食べるよりも美味しさが低下する。当時は肉の美味しさを盛り上げるためのタレだったのに対し、いまは酸味が強いだけのタレになっている。安い肉のダメさを誤魔化すため、タレの酸味を強くしたのだろかう。

・感動とドキドキ感と期待感を返して
罰ゲームで行くならば理解できるが、それ以外で「東京チカラめし」に行く理由が見つからない。どうしてここまで落ちぶれたのか。オープン時の感動とドキドキ感と期待感を返してほしい。好きだったからこそ怒りがわいてくる。非常に腹立たしい店である。

http://buzz-plus.com/article/2017/09/14/tokyo-chikarameshi-hidoi/

だいぶ前だけど、この店が“焼き牛丼”として話題になり始めたころ一度だけ行ったことがある。あまりに脂っこくて全然うまいと思わなかった(;^ω^)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット, 食事