【緊急朗報】オリンピック開催中の首都高、運賃最大3000円も値上げしてしまう

五輪期間、首都高料金上乗せ 500~3000円検討
渋滞緩和へ

2020年東京五輪・パラリンピックで課題となる交通渋滞対策で、大会組織委員会や東京都などは大会期間中、首都高速道路の通行料金を上乗せする方針を固めた。競技がある日中を中心に、上乗せ額は500~3千円の複数案を検討。対象車種や時間帯など具体的な内容は今後詰める。

大会時は、選手ら関係者のスムーズな移動と、首都高を利用する物流企業などの経済活動の両立が不可欠。対策を取らなければ、首都高の渋滞が現状の2倍近くになるとの試算もあり、組織委は流入車両を減らし、円滑な輸送につなげたい考えだ。有識者や首都高の運営会社などで作る「交通輸送技術検討会」の6日の会合で協議する。

関係者によると、選手らの主要な輸送ルートとなる首都高の料金の上乗せは、都心部の中央環状線の内側などが候補。午前6時~午後10時に普通乗用車や軽乗用車、二輪車を対象とし、物流への影響を考慮して中型車以上のトラックなどは除外する想定だ。車種の判別は自動料金収受システム(ETC)の活用などを検討する。

首都高の交通量は1日約100万台で、通行料金は最大1300円(乗用車)。組織委や都、国交省などの試算では、500円や1000円を上乗せした場合、交通量が1割ほど減る効果があるという。

このほか、交通渋滞対策として、国際オリンピック委員会(IOC)は組織委に、車両のナンバーによる通行規制や、複数人が相乗りした車両を優先する「相乗り専用レーン」などを提案。海外では事例はあるが、チェック体制が取れるかどうかなど、国内で導入可能か慎重に判断するとみられる。

企業側には、時差出勤や配送ルートの変更などへの協力も引き続き呼びかける。

https://r.nikkei.com/article/DGXMZO40785250R00C19A2MM8000

 

sakamobi
sakamobi

一般道が規制も相まって地獄になりそうやな…(;゚Д゚)

コメント