チュートリアル徳井、数年前にタックスヘイブンへの移住を検討していた模様

スポンサーリンク

39歳のチュート徳井 40歳で海外移住へ

スポンサーリンク

9日に放送されたラジオ番組「キョートリアル!コンニチ的チュートリアル」で、チュートリアルの徳井義実が海外移住計画を明かした。

スポンサーリンク

番組内で徳井が「移住しようかなと思って、海外に」と突然告白。相方の福田充徳から「え~っ!!」と驚かれるも、「40(歳)ぐらいになったら」と移住時期も明かした。日本での仕事について弊害は残るが、現在39歳で独身なため、プライベートでは何も問題はない。

漠然と海外移住を考えていると思いきや、ネットで移住地を熱心に調べているようで、候補は4つほどあるという。1つ目はハワイ。「間違いないというか、ゆったりできて、日本人観光客も来るから、商売もやり易し、色々見本のケースがあるかなって思って。コーディネーター的なこともできんのかなとか。商売は考え易いかなって」と理由を明かした。

スポンサーリンク

2つ目はオーストラリア。「メルボルンとか、土地勘がありますから」と以前に留学した経験がプラスになると考えており、「国としても安定してるし、都会と大自然が上手いこと調和している感じがあって。食い物も美味いし、何でもあるし」と語った。

3つ目はスリランカやシンガポールなどの東南アジア。「シンガポールは近代都市やから、法人税がスゴい安い。シンガポールになるとホンマ大都会やからさ、ゆったりライフとはちょっと違うけど、スゴい安定感はあるなっていう。すぐ生活は始め易いなって感じはする」と明かした。

スポンサーリンク

そして、徳井が最も調べているという地域はドバイ。第一、二を争う候補地で、「治安が良いところ。治安が良いということは経済的にも豊かであるということ。治安に関して言えば、東京よりも治安が良いと言われています」と明かし、「ドバイに関していうと、税金というものが一切ないんのよ。所得税、法人税、消費税、何にもいらんのよ」とタックスヘイブンが魅力的だと語った。さらに、「人もみんなさ、基本豊かやから、“金持ち喧嘩せず”で。困った人見たら助けてくれるし、ドバイにいる人の9割以上が外国人。何人であろうが、浮かへんと。ありとあらゆる人種がいるから」と独自に分析。

スポンサーリンク

ただ、暑さが問題だという。ドバイの11月~3月までの冬季は平均気温20~30℃、4月~10月夏季の気温は30~50℃で、湿度も60~100%と非常に高く、蒸し暑い。徳井は「四季がないワケよ。夏と冬がザックリとあるぐらいで。基本砂漠やから、割とすぐ飽きると。日々の生活としては、たぶん暑すぎるからさ、そんなに海とか入らへんやろな」と懸念していた。
しかし、「でも、そんなんを引いても、ドバイはスゴく過ごし易いし、いいねんって。ドバイに移住するかもしれんから」と改めて宣言すると、福田は「そらぁ、しゃーないな」と渋々納得。徳井が「お前もどっか行ってな!?」と福田に勧めるが、「俺は日本でええ、とりあえず。俺は十分。日本でまだまだいっぱいしたことがあるから」と拒否した。

https://www.excite.co.jp/news/article/Real_Live_19791/

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

きっとよく知らなかったんだよって擁護しようと思ったら見事にハシゴを外された…😟😟😟

コメント