【高校野球】大阪桐蔭、春夏連覇を報告!日本一になれた理由を語る

第100回全国高校野球選手権記念大会(日本高野連、朝日新聞社主催)で優勝し、史上初の2度目の甲子園春夏連覇を果たした大阪桐蔭(北大阪)の優勝報告会が24日午後、大阪府大東市の同校であった。大阪桐蔭中・高校の生徒約1600人が快挙を祝った。

報告会では、西谷浩一監督(48)に続き、深紅の大優勝旗を持った主将の中川卓也君(3年)ら選手が大声援に迎えられて入場。西谷監督は「2018年の夏を大阪桐蔭の夏にしようといっていた。素晴らしい夏になった」とあいさつ。中川君は「日本一になれたのは、日本一の応援団がいたから」と感謝した。

また、吹奏楽部が選手の応援歌を披露するなどして盛り上がった。2回戦以降はすべて応援したという中原瑠花さん(高2)は「試合中は真剣な表情ばかり。近くで笑顔が見られてうれしかった」と興奮気味で話していた。

選手たちは続いて大東市役所や大阪府庁も訪れ、優勝を報告した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180824-00000051-asahi-spo

 

違うでしょ。野球エリート集めたからでしょ(;・∀・)

コメント