sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

小泉進次郎 「メディア自体がすごい権力。誤解なく言わせてもらえば、人を殺せますよ。」

   

小泉進次郎 「メディア自体がすごい権力。誤解なく言わせてもらえば、人を殺せますよ。」

小泉進次郎が今年から新聞を読むのをやめた理由

毎年の恒例行事で驚きの発言

 小泉進次郎(36)の仕事始めは、選挙区内にある少年サッカーチームの「初蹴り」と決まっている。今年も1月3日正午過ぎに、ライトブルーのウインドブレーカー姿でグラウンドに現れた。

「あけましておめでとう!」

駆け寄ってくる少年たちとハイタッチを繰り返す。迷わずピッチに入り、ボールを追いかけ始める。元高校球児、政治家になる9年前まではサーファーでもあったとはいえ、会議ばかりが続く永田町での運動不足を感じさせないほどの身のこなしで巧妙にボールを操る。これが、初当選から変えていない毎年恒例の「儀式」だ。

現場には正月三が日から働くのを厭わない物好きな記者だけが顔を出し、進次郎がフランクに立ち話するのも恒例行事だ。普段から「場の空気」を読もうとしない私のような取材者に対しても、一年で最もリラックスした表情で雑談に応じる場面でもある。

「昨日(1月2日)は、おにぃ(小泉孝太郎)とムロ(ツヨシ)さんと一緒でしたよ。何回一緒に正月を過ごしたかわからないくらい、ムロさんは家族みたいなものですから」

そんなワイドショー向けのサービストークがある以外は、話題はもっぱら本の話になる。進次郎は、知る人ぞ知る政界屈指の読書家だ。昨年の年末年始は『サピエンス全史』(ユヴァル・ノア・ハラリ著、河出書房新社)だったが、2018年は新刊『ギリシャ人の物語・第三巻』(塩野七生著、新潮社)を読破したという。

「アレクサンダーを描いた本。サイコーです。サイコーです」

そう興奮気味に語った進次郎は、月刊誌「文藝春秋」を毎月購読しており、なかでも塩野が連載する巻頭言「日本人へ」をこよなく愛している。その二人の対談が昨年末、ついに実現したようだが、その中身は同誌2月号を読んでもらえばいいとして、「塩野さんに会ったのをきっかけに、時間の使い方を変えました」と言いながらこんなことをつぶやいた。

「最近は新聞も、前ほど読まなくなったんですよね」

進次郎といえば、全国紙、スポーツ紙、業界紙など新聞10紙を読んでいることをこれまで誇らしげに語ってきた。中学時代に新聞配達のバイトをやって以来の「新聞マニア」でもある。

それが……。

「『どこどこ新聞』だから読むということは、もうないですね。署名を見て、この人の記事だったらお金出しても読みたいと思うことはあるけど。そんな中で、塩野さんの本はハードカバーで、一冊3000円なんですよ。読み終わった時、もっと払いたいと思いましたね。これが本当の価値ある活字文化だと思いましたよ。軽減税率がないと売れないなんて、関係ないね」

「育ての親」を挑発

 昨年の衆院選あたりから、進次郎は「軽減税率廃止論」を声高に叫んでいる。(参考・http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53112)。「これが本当の価値ある活字文化だ」という一言は、「活字文化の保護」を強調して、軽減税率導入実現の論陣を張る大手新聞社に対する彼なりのジャブだろう。

一方で、進次郎はテレビにも不満を持っている。昨年、衆院選開票日の特番でも、各局の生中継に出演中、意図的に「軽減税率廃止論」を切り出したが、司会者たちからはまともに相手にされなかった。その後、ワイドショーは連日、進次郎の人気ぶりを取り上げたが、当の本人はテレビのスタジオ出演を頑なに拒むその姿勢をまったく変えようとしていない。

とはいえ、閣僚も党幹部も未経験の36歳にして、世論調査の「総理にしたい政治家」の筆頭格に挙がるのは、メディアの力なくしてはあり得ない。それも知悉しているようだ。無論、そういう世論の支持があるから、私もほかの報道陣も「36歳」を観察対象にしている。

しかし、政界きっての「メディアの申し子」は、いよいよ権力の階段を駆け上がろうとする前に、どうして「育ての親」でもあるマスコミを挑発し、ついには敬遠するようになったのか──。

そんなことを考えながらズケズケと直撃質問をしていたら、テレビ局2社のディレクターたちと一緒に行っていたはずの懇談の場が、いつしか私の単独インタビューのようになってしまった。その中身はテレビや新聞で報じられることはないので、発言メモを読者と共有しておきたい。

自分の発言を流さないことへのいらだち

 進次郎(以下、進):で、常井さんは年末年始にどんな本を読みましたか。

――オヤジ(小泉純一郎)さんの本の「ゲラ読み」をしていました(註:2月16日に筆者が取材・構成を手掛けた、小泉純一郎著『決断のとき』が発売予定)。進次郎さんの『人生100年時代の国家戦略』も読みましたよ。

進:どんな感想ですか。

──その感想も踏まえた話を、元日の「ニューズピックス」に書きました。今年初めての記事は、紙媒体ではなく、ネットメディアに寄稿しました。

進:そう、読まなくちゃ。そうやって、発信したいメディアも変わっていきますよね。

よく思うけど、マスコミの世界も忖度がすごいのに、(マスコミの人たちは)なんでそういうことは言わないのかね。すごくしがらみが多いじゃない。(新聞やテレビは)それを言わないでさ、政治の世界の忖度だけ悪く言う。視聴者や読者は、それを見透かしているからね。だから最近、既存のメディアが崩れかかってきているのは、そういうところも関係あるんじゃないかな。

──新聞やテレビは、進次郎さんが訴える「軽減税率廃止論」も取り上げない。今年は、来年の消費増税に向けて、6000億円と言われる軽減税率の財源についても議論が交わされます。

進:(自分が軽減税率反対論を唱えても)絶対、生放送の中で報じてくれないよ。メディアが忖度しているから。メディアがメディアを忖度しているから。こういう収録現場で言っても、テレビではまず流さないよねえ。現場のみなさんが報じたいと思っても、上は流さない。

だから、これからAbemaTVみたいなのは、いっぱい出てくるだろうね。

――「アベマ」はテレビじゃできない番組を次々と作っている。進次郎さんは初当選以来、テレビのスタジオ出演はしないけど、「アベマ」だったら出る気になりますか。

進:そのほうが、ちゃんと発言を流してくれると思いますよ。もともとシナリオができていて、それに合ったコメントだけを拾いたくて、質問してくる記者も「テストの穴埋め問題」みたいに、そこに入るコメントだけを欲しがる。そういう時の聞かれ方って、わかりますよ。そういう感じだと、ボクが話してもなかなか伝わらないものがありますね。

昨年、象徴的だなと思ったのは、ボクが知っている大手メディアの人の中からベンチャー系企業に転職する人が結構いました。今の待遇にこだわらなくて、10年後に同じ会社にいることが想像できるかどうかで、(キャリアを)考えている同世代は多いなと思いました。10年後は今ほど新聞が読まれているわけではないし、10年後、既存メディアが見られていることもない。

――テレビ局の方々、みんな黙っちゃいましたよ(苦笑)。

みなさん、言いたいこと、言っていいんですよ。

いつか「仕返し」されるのでは?

 ――10年前って、今の自分の姿が想像ついていましたか。(テレビ局関係者の質問)

進:想像がつくわけ、ないじゃないですか。10年前は政治家になっていないですよ。あの頃は世襲批判でクソミソでしたよ。その時の経験が、今みたいな発言につながるんですよ。良い時に祭り上げられる時の映像は、将来叩き落される時に使われるんです。それを痛感したのが、10年前でした。だから、一喜一憂はしなくなりますよ。よく報じてもらえる時は、叩きつぶされる時のスタートだなと思っています。

――そんなにマスメディアを挑発し続けて、いつか仕返しされるという恐れはないですか。

進:メディアにかかわる人たちは、「メディア自体が権力だ」ということを自覚していない人が多いと思います。よくメディアの役割は権力の監視とチェックだと言うけど、じゃあ、そのメディアそのものは権力じゃないんですか。

メディアってすごい権力ですよ。人を潰せますよ。誤解なく言わせてもらえば、人を殺せますよ。社会的に、政治的に。そのことを自覚していないのか、自覚をしていないふりをしているほうが都合いいからそうしているのか。どちらかはわかりませんけど、メディアって恐ろしい生き物ですよ。

一度、空気が作られたら、嵐が過ぎ去るのを待つしかない。あの空気の作り方はスゴイ。怖いですよ。それに対する恐れがないと政治の世界では生きていけない。だって、できますもん、メディアが「コイツを潰そう」と思ったら。

――小泉さんにはメディアの権力さえも凌駕する国民的な人気があるという自覚はありませんか。

進:人気だって、メディアが作れるし。そういった意味でね、報道にはすごく冷めているんですよ。だって、あれだけ世襲批判で叩かれた後に、ある週刊誌に「世襲こそ革新を生む」という特集(「AERA」 2014年6月2日増大号)があった。それを見た時、椅子から転げ落ちそうになりましたよ。

――最近のご自分の報じられ方について、なにか思うことはありますか。

進:うーん。

(13秒間、沈黙)

予想しない角度からの質問が、あまりないですよね。たぶん、みなさん(報道陣)もわかっているだろうけど、恒例行事だから聞いておこうか、という。さっきあった(9月に予定されている)自民党総裁選についての質問もそうでしょう。それを(政治家も報道陣も)お互いわかって、腹芸をやっている。「言わなくても、わかっているでしょ」と思うのに、「わかっていますけど、一応……」と言って聞いてくる。正直言って、そういう感覚に対しての冷めている部分というのはあります。

――「週刊文春」新年特大号で、ジャーナリストの池上彰さんが作家の佐藤優さんとの対談の中で、「小泉進次郎も持ち上げられすぎの傾向ですね。(中略)ヨイショ合戦のようになってきている。これは民主主義の上で望ましくない状況です」と、マスメディアに警鐘を鳴らしていました。ご自分の「ヨイショ報道」をどう思いますか。

進:それは、ボクにはどうしようもないですよね。ボクがそういうふうにしてくれと言っているわけではないんだから。

(11秒間、沈黙)

いっぱい考えることはありますよ。

(13秒間、沈黙)

――本当はいっぱい言いたいこと、ありそうですね。

むしろ、テレビ番組でやってほしいですよ。作っている人たちの本音を、ね。本当に作りたくて、それをやっていますか(と聞きたい)。結局は、視聴率でしょう。今の時代は一分一秒で視聴率が出るじゃないですか。それで、誰を出せばどれくらい取れる、スポンサーも決まる。それに引っ張られている。それが、視聴者の求めることかと言われれば、ズレているんじゃないですか。

こういうことを語ると、みんな、遠い目をしちゃうよね。

――テレビでは使えない「素材」ばかりを引き出してしまいました。

進:そうでしょ。そういうのが、ボクにとっては一番有益なぶら下がり取材です。使われる素材なんて、自分には興味ないから。

「時間の使い方」を変える

 ――この年末年始はテレビを観ましたか。

進:今年は紅白もほとんど見なかったね。本当にテレビは見なくなりました。バラエティー番組の中でも、おにぃ(小泉孝太郎)とムロ(ツヨシ)さんが出ているものは、見るかな。ムロさんは本当に下積みを頑張っていた人ですから、本当に嬉しいですよ。今ではテレビに出てきても「誰ですか? とならなくなったんですから。

実はね、新聞10紙を読むの、止めたんですよ。「時間の使い方」を変えようと思って。新聞を読み終わった時、あまりにも残るものが少ないと気づきましたね。だったら、塩野七生さんの本を読んだ方が、時間の使い方としてよっぽど学びがある。

なんのために時間を使うべきか。使わないべきか。本当に考えている。なにをやるべきか。なにをやらざるべきか。1時間があったら、何をできるんだろうといつも考えています。そうすると、自分の行動原理が変わります。

1時間があったら習近平とプーチンは何をやるんだろうな、アレクサンダーだったら1時間あったら何をやったんだろうか、ペリクレスだったら何を考えていたんだろうな……というふうに。バカみたいでしょ、「何、言ってんだ。この人」と思うでしょ(笑)。でも、本当にそんなことを考えるんですよ。

今ここで脱皮する努力をしないと行き詰まるぞ、という思いがあるので、自分の身の処し方、時間の使い方を意識して変化をつけていく。イチロー選手は毎年バッティングフォームを変えるんですよ。ヒットを200本も打っていたって、調子の良い時に変える。それは、その時に変えないと、次の年は同じように200本が打てないから。自分にとっては「今がその時だ!」と思っています。

うまくは言えないけど、自分のなにかを変えなければいけないですね。脱皮には時間を要する、今年だけで脱皮できるんじゃなくて、時間はかかるけどそのスタートをしないと、その次の準備ができないですからね。いろいろ変えようと思っています。

だけど、運動は健康のためにやるべき。だから、今年も変わらず、こうやって子どもたちとサッカーをやりに来ている。

――毎年、子どもたちを相手に互角に走り回っている。私とそんなに歳が違わないのに、体力ありますね。日頃から鍛えているんですか。

進:去年の選挙は常井さんもずっと密着で来ていたからわかると思うけど、鍛えていないとこの世界では生きていけない。本当に乗り越えられない。人前で演説するって、自分が元気じゃないとできませんから。元気じゃない人から元気はもらえないでしょ。一瞬のひらめきだって、元気じゃないと、その景色にその時々に合わせた言葉というのは降りてこないんですよ。そのために体力というのは、根本的に大事ですね。

常井さんも知っていると思うけど、選挙ってきついですよ。選挙が好きだという人はどこにもいないですよ。しかも、ボクの場合、選挙中には自分の選挙区にもいられないんですから。これが当たり前だとは決して思わないですよ。それでも、15万もの人が「小泉進次郎」と書いてくれるってスゴイことですよ。

だから、いつも「ありがとうございます」と思います。感謝です。これからも横須賀、三浦からは小泉進次郎を国会に送り届けることが有益だ、役に立つ、使い倒し甲斐がある政治家だと思われたいですね。

政治家とは「使うべきもの」です。政治家って叩かれるものだけど、叩かれるのは構わない。常に批判の対象であるべきだと思うけど、使う前に使い物にならないように叩くのは、いったい誰のためになるんだろうかと思いますよ。せっかくなら、使ったらいいのに……。

**

「正論」のマシンガントークは、20分ほど続いた。その間、サッカー少年団のママたちから振舞われたアツアツの豚汁を平らげた。最後はひょっこりやってきた小学生に促されるまま、進次郎はグラウンドに戻っていった。

全国紙やテレビ、週刊誌の政治報道をオワコンとみなし、情報源を媒体のブランドより個人の署名で選別、ニュースや新書より古典、あるいは当事者の声を聞くことに時間を費やす。意識高い系ならではの「知の技法」だ。

かと思えば、朝日新聞、日本経済新聞、文藝春秋、東洋経済オンラインという全国紙、経済紙、出版、ネットニュースの各トップブランドで「ポートフォリオ」を組み、編集部からのラブコールを逆手に取る形で頻繁に登場することで、権力者の矛盾を突く報道機関を自由自在な「PR」の道具としてしたたかに駆使していく──。

2017年から顕著になってきた小泉進次郎の「メディア論」は、果たして日本のデモクラシーにとって吉と出るのか、凶と出るのか。言葉巧みに人を取り込む術に長けた彼の言いなりにもならず、批評的距離を保てる「国民的メディア」が存在しなければ、それはチェックできない。無論、新聞・テレビの政治部記者には、その役割は期待できそうにない。

(敬称略)

常井 健一

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180106-00054068-gendaibiz-bus_all&p=1

実際そういう事例たくさんありましたね(;・∀・)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット, 政治, 芸能