sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

タイ洞窟の少年とコーチ、無国籍だった タイ政府が国籍を付与、式典を開催

   

タイ政府は8日、7月に同国北部チェンライの洞窟で遭難して救出された地元サッカークラブの少年ら13人のうち、国籍を持っていなかった4人にタイ国籍を付与した。8日に国籍付与の式典が行われ、身分証が手渡された。

国籍を付与されたのは13~16歳の少年3人と20歳代のコーチの計4人。タイの国境や山岳地帯には少数民族を中心に国籍を持たない人が大勢おり、4人も少数民族の出身。4人はタイで生まれ、両親がタイ国籍であることが証明された。

タイ内務省によると、国内の無国籍者は約48万人に上り、うち約17万人が18歳未満の未成年という。この数は国籍の申請数で、実際の無国籍者ははるかに多いとみられる。無国籍者は出国が制限されるため、少年らが国際サッカー連盟(FIFA)の招待を受け、9月にロンドンで行われるイベントに出席できるかが注目されていた。

https://www.yomiuri.co.jp/world/20180809-OYT1T50070.html

 

この事故の報道でタイに無国籍者が大勢いることを知った。密入国の問題もあるんだろうが、この少年たちだけに国籍を与えても意味ないよな…(;´Д`)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット