【芸能】笑い飯哲夫「大手の塾の月謝が6万~7万、金持ちしか通われへん」

スポンサーリンク

笑い飯 哲夫が経営する“激安の学習塾“とは「学力差が家庭環境によって起こるのはおかしい」

スポンサーリンク

Wボケ&ツッコミ漫才で異次元の笑いを生み出してきた実力派漫才コンビ・笑い飯の哲夫さん。お笑い芸人として活躍しながら、 2020年から大阪市の相愛大学で人文学部の客員教授を務めるなど教育者としての顔も持っています。

そんな哲夫さんは、8年ほど前から大阪市淀川区で、低料金で通うことができる小・中学生向けの学習塾を経営しています。

哲夫さんが塾経営を始めた背景には、昨今社会問題になっている「教育格差」に対する思いがありました。子どもたちが学力を身につけるためには公教育だけでは難しい面がある一方、学習塾に通うためには高額な授業料が必要であることに疑問を持ったといいます。

哲夫さんの学習塾「寺子屋こやや」の実態や、スタートしたきっかけなどについて聞きました。

スポンサーリンク

芸人の先生が教える低価格塾
――哲夫さんはなぜ学習塾「寺子屋こやや」を始めることになったのでしょうか?

哲夫さん(以下、哲夫):昔から「いつか激安塾を全国に展開したいな」と思っていたこともあって、10年ほど前に学生時代の友人に出資するかたちで学習塾を始めました。その後に友人から僕が経営を引き継ぐことになったので、信頼のできる後輩に頼んで運営を任せています。僕は投資家みたいな立場です。

――「寺子屋こやや」はどんな塾なのですか?

哲夫:小1から中3まで40人くらいの生徒がいます。進学塾というより“補習塾”で、生徒が教科書やドリルを持ってきて、それを塾でやりながら分からないところを先生が教えてあげています。

僕自身、子どもの頃に家でドリルをやっていて解答や解説を読んでも分からないときに「今ここでバシッと教えてくれる人がいたらいいのにな」と思っていたんです。

スポンサーリンク

――低価格で通える塾ということですが、料金はどうやって決めているのでしょうか?

哲夫:小学生の週2コースが月5500円からで、中学生の週3コースが月1万円です。毎日通えるコースもありますが基本的に1万6千円は超えないように決めています。

大阪市の塾代助成事業が所得に応じて月1万円を上限として塾代を助成しているので、それを使って通ってもらえるようにと思っています。生徒全員が制度を利用しているわけではなく、いろいろな子が通ってくれています。売れる前の大卒の芸人に先生をやってもらっているので、若手芸人が食いつなぐためのいいアルバイトになっていると思います。最初の頃は僕もよく教えに行っていました。

スポンサーリンク

子どもたちが賢くなってくれるのが一番の儲け
――先生が芸人さんだと楽しく学べそうですね。

哲夫:面白おかしく教えてくれるので、生徒も勉強に興味を持ってくれています。

先生をやってくれている芸人たちには「いつまでもバイトばっかりせんと本業で売れてな」と言ってるんです。実際に世に出てくれた芸人が何人もいるので、生徒にも先生にもwin-winな理想郷が整っているなと思います。

――哲夫さんには出資者としてリターンはあるのですか?

哲夫:僕は給料なしで、儲けという意味ではマイナスはあってもプラスはありません。儲けは考えていないですけど、「子どもたちが賢くなってくれるのが一番の儲けや」と本当に思ってます。僕がヨボヨボになったときに無料でマッサージしてくれる子が増えたら嬉しいですね(笑)。

スポンサーリンク

偏差値の差が経済力で決まるのはおかしい
――哲夫さんが低価格の学習塾を始めようと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

哲夫:学力の目安として偏差値が30とか75とかありますけど、「その差が家庭環境によって起こるのはおかしいやろ」とずっと思っていたんです。塾に行って勉強したいと思っても、今は大手の塾代が月に6万円とか7万円とかかかると聞きます。それだとある程度、経済的に余裕のある家庭の子しか通えません。それでは変だから「いろいろな所得の家庭の子どもが行ける塾があって然るべきや」と思ってるだけなんです。

僕自身はそういうものを打破した人間だと思ってます。県で1番偏差値の高い公立高校である奈良高校を出ましたけど、実家は全然お金持ちじゃありません。中流よりやや下くらいだったと思います。「そんなにお金をかけなくても偏差値の高い学校に行くことは可能なんや」と証明したかったんです。

スポンサーリンク

――学校の先生もクラス全員の学力をフォローすることが難しいので、低価格で通える塾があるのは嬉しいと思います。

哲夫:塾に行かずに親に勉強を教えてもらえばいいかというと、共働き家庭が多いのでなかなか時間が取れないと思います。そこで親代わりになって、しかも喋りが面白い人間が教えるのが、子どもが賢くなるためにはいい環境だと思っています。

それともう1つ、僕が小学生のときに通っていた近所の塾が原点になっています。塾代が月3000円くらいで近所のおばあちゃん先生が教えてくれて、授業をするというよりは分からないところを教えてくれる場所でした。そういう地域密着型で、料金が安くて、「勉強の仕方」を教えてくれる塾ができたらいいなという思いがありました。

スポンサーリンク

――塾の指導に手応えを感じていますか?

哲夫:進学実績には自信があります。子どもたちが志望した学校にちゃんと進むことができていると思います。うちは先生がみんな気さくだし、生徒との距離が近くて志望校の話もしやすいんじゃないでしょうか。

僕はいつも受験前には塾の黒板に「試験の心構え」を書きに行くんです。1つは「受験日は早起きしてココアを飲みなさい」。朝からココアを飲むとすごく頭が働くと聞いたことがあって、僕もやっています。それに早起きは絶対に大事です。目覚めて2時間後よりも、5時間後のほうが頭が働きますから。それから「空欄は絶対に埋める」とか、「受験が終わったら思いっきり遊ぶ」とか書いています。

スポンサーリンク

勉強の面白さが分かれば子どもは伸びる
――塾の指導ではどんなことを大切にしているのでしょうか?

哲夫:勉強の面白さを教えてあげることです。様子を見に行くとみんな楽しそうに勉強してくれているので、そこをちゃんと教えてくれているなと実感します。

――子どもに勉強の面白さを教えるためにはどうしたらいいのでしょうか?

哲夫:勉強に対して「何をやったらいいのか分からん」という子には、一番最初に勉強のやり方を教えてあげるんです。ちょっと教えていると、その子の苦手なところが分かります。そこで立ち止まって、先生がその子の苦手な問題をさっと手書きで作って「これやってみて」と解かせてみます。簡単な部分から逆算しながら取り組ませてあげたら、段々とできるようになってくるんです。それができるようになったら「さっき分からなかった問題もう1回やってみよう」と言ってやってみると、できるようになっていきます。

スポンサーリンク

それから子どもに説明するときは、ひたすら面白い例えを出します。「これは勉強だ、試験で間違えたら点数が悪くなる」と思うからしんどいんです。

でも数学の角度問題をクイズだと思って考えたらすごく面白いし、国語の読解もオモロイ物語だと思えたらいいんです。先生も芸人として生徒に説明するときに、「分かりやすく伝える力」と「笑かす力」を鍛えてもらえたらいいなと思ってます。

スポンサーリンク

哲夫家の教育方針「日本語の美しさを教えたい」
――ちなみに哲夫さんのお子さんに対する教育方針はありますか?

哲夫:僕は2歳と4歳の子どもがいるんですけど、まずは日本語の美しさを教えたいと思ってます。お風呂にひらがなの表を貼っていて、それを一緒に触りながら読んだりしてます。美しい日本語を覚えて、英語を勉強するのはその先でもいいのかなと思ってます。

スポンサーリンク

――哲夫さんが塾をやっていて嬉しかったことはありますか?

哲夫:たくさんありますが、最近でしたら小学4年生の女の子が僕に作文を書いてきてくれたことがありました。『笑いの処方箋』というタイトルで、「コロナ禍になって医療従事者の方の大変さを見て感謝しています。友達と会えなくなって笑うことが少なくなった今、テレビや劇場で笑かしてくれる芸人さんは笑いの処方箋を出してくれていると思います」という内容でした。「この子すごいな」と思ったし、すごく嬉しかったですね。

笑い飯 哲夫が経営する“激安の学習塾“とは「学力差が家庭環境によって起こるのはおかしい」(女子SPA!) - Yahoo!ニュース
 Wボケ&ツッコミ漫才で異次元の笑いを生み出してきた実力派漫才コンビ・笑い飯の哲夫さん。お笑い芸人として活躍しながら、 2020年から大阪市の相愛大学で人文学部の客員教授を務めるなど教育者としての顔
スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

大手の塾高すぎてマジでビビったわ😫😫😫

コメント