エビ天似の“新種”の『イソギンチャク』が発見される 和名はテンプライソギンチャク

「エビ天」似のイソギンチャク=カイメンと共生、新種発見-東大など

カイメン(海綿)と共生する新種のイソギンチャクを、東京大などの研究チームが発見した。カイメンから赤い触手を出した姿がエビの天ぷらに見えることから、「テンプライソギンチャク」と命名された。論文は10日までに日本動物学会誌に掲載された。

東大大学院生の泉貴人さんらは、同大臨海実験所(神奈川県三浦市)付近の磯で採集されたノリカイメンの一種の体内で、群生する体長数ミリのイソギンチャクを発見した。体の小ささや形態、カイメンとの共生という特殊な生態などから、ムシモドキギンチャク科の新種と判断した。

時事ドットコム

 

 

似てるかな?(;^ω^)

コメント