【悲報】手越の脱毛サロンが全店閉店、ヒカル経営も「1か月で営業日数が7日」の異常事態へ…

スポンサーリンク

ヒカル経営の脱毛サロンが「1か月で営業日数が7日」の異常事態!夏前の繁忙期に休業状態のナゾ

スポンサーリンク

手越祐也が2020年10月にオープンさせた脱毛サロン「TEGOSHI BEAUTY SALON」が、今年5月末をもって全店閉店となった。一時期は全国で7店舗を展開していたものの、経営状況は悪化の一途をたどっていたようで、結局2年ももたずに営業終了へ。

ほどなくして、新田真剣佑がプロデュースする脱毛サロン「AmSALON」も、同じく5月末、わずか1年でサービスの提供を停止したことが明らかに。有名人による脱毛サロン経営の難しさが浮き彫りになる中、今度は、人気YouTuber・ヒカルの手掛ける脱毛サロンに、ある“異変”が生じていることがわかった。

スポンサーリンク

1年後には20店舗増やすと豪語
ヒカルは2020年12月に、オーナー兼プロデューサーとして、メンズ脱毛サロン「ReJehanne by Hikaru」の1号店となる池袋店をオープン。その後、同年12月に大阪・あべの天王寺店、翌21年2月に東京・銀座店と次々に店舗を増やし、現在までにメンズ専用サロンを7店舗、レディース専用サロンを2店舗展開している。

「ヒカルは2019年、ファッションブランド『ReZARD』を創設し、初年度売り上げ25億円を達成。本人は、アパレル業界で成功をつかんだと自負しているようで、次は美容業界に殴り込みをかけたわけです。

スポンサーリンク

脱毛サロンオープンを発表したYouTube動画で、ヒカルは『美しければ美しいほど年収が上がる』という持論を語るとともに、『「女性も男性も美しくある」っていうのをテーマに、時代が進んでいくと思っている』と熱弁。これからは“脱毛”が来ると踏み、店舗改装費や機器など、トータルで3億円以上を出資したと話していました。本人いわく『人生で最も大きな買い物』だったそうです」(芸能ライター)

ヒカルは先見の明があったのか、2021年1月更新の動画では、池袋店のオープンから20日の時点で、「このままのペースで行くと、(1カ月の売り上げは)2億近くになる」と報告。ヒカルいわく、脱毛サロンは月の売り上げが3000万円いけば「成功」とのことで、「ReJehanne」は順風満帆なスタートを切ったと言えるだろう。

スポンサーリンク

「今年2月に公開された動画でも、ヒカルは脱毛サロン1店舗から自身の懐に入る額を、『MAXで月に1000万円』『平均では月に数百万』などと明かしていました。それが9店舗分となると、莫大な金額になる。1年後には、あと20店舗出店することを目標にしていると語っていたため、経営は順調そのものに見えました」(同・前)

脱毛サロンは一般的に、春夏シーズンが繁忙期と言われるだけに、現在「ReJehanne」にもお客が殺到し、さぞ予約が取りにくい状況になっているかと思いきや、あべの天王寺店に、ある“異変”が生じているという。

スポンサーリンク

不可解な休業状態
「6月の営業日がたったの7日しかなく、23日間も店を閉めているんです。『ReJehanne』公式サイトにアップされた同店の休業日情報を見ると『6/1(水)~6/4(土)・6/6(月)~6/10(金)・6/12(日)~6/14(火)・6/16(木)~6/18(土)・6/20(月)~6/24(金)・6/26(日)~6/28(火)』と記載されており、ほとんど店が開いていない状況と言えます。

スポンサーリンク

ちなみに同店は、2、3月は6日間、4月は7日間それぞれ休業日があったようですが、5月に入った途端、突如22日間もお休みしている。脱毛サロンにとって書き入れ時のはずなのに、一体何があったのかと心配になってしまいます。スタッフの数が足りずに営業ができないのか、客入りが乏しいのか……また別の理由があるのかもしれませんが、いずれにせよ、異常事態と言って差し支えありません」(ウェブメディア編集者)

スポンサーリンク

なお、国内最大級のヘア・ネイル・まつげ・リラク・エステサロンの検索・予約サイト「ホットペッパービューティー」で、「ReJehanne」あべの天王寺店のページを確認すると、「現在、予約の受付準備中」とあり、サイト経由では予約が取れない状況になっている。

「他店の6月の休業日情報を見てみると、メンズ専用の池袋店、銀座店、名古屋駅前店、ナンバヒップス店、天神店はそれぞれ4日間、神戸三宮店は8日間。レディース専用の2店舗に関しては、休業日情報自体が確認できませんでした。

スポンサーリンク

あべの天王寺店に比べると、他店の休業日は圧倒的に少ないですが、以前は月の定休日が0日というケースもあったこと、また本来であれば繁忙期であることを踏まえると、『休みの日が多い』という印象は拭えません。『ホットペッパービューティー』や公式サイトの予約ページを見ると、“がら空き状態”ですし、客足が遠のいている可能性もあるのでは」(同・前)

一方、「ReJehanne」は現在、公式サイトでエステティシャンの求人情報を掲載している。月のほとんどが休業状態のあべの天王寺店以外にも、「静岡駅前店」「新宿店」「姫路駅店」という現在は存在していない店舗名が記載されており、「これは今後出す予定の店舗なのでしょう」(美容ライター)という。

スポンサーリンク

「出店計画が進んでいるとあって、経営はうまくいっているのかもしれませんが、であれば、あべの天王寺店の休業状況や、他店舗の予約ががら空き状態に見える件が、ますます不可解に思えてくる。ヒカル本人から、脱毛サロンの現状について、何か説明がほしいところです」(同・前)

ヒカルの脱毛サロンが、手越や真剣佑と同じ末路を辿らなければいいのだが……。

ヒカル経営の脱毛サロンが「1か月で営業日数が7日」の異常事態!夏前の繁忙期に休業状態のナゾ(週刊女性PRIME) - Yahoo!ニュース
 手越祐也が2020年10月にオープンさせた脱毛サロン「TEGOSHI BEAUTY SALON」が、今年5月末をもって全店閉店となった。一時期は全国で7店舗を展開していたものの、経営状況は悪化の一
スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

脱毛は医療脱毛じゃないとダメってのが常識になったからね😰😰😰

コメント