「多様性が欠如した世界」を示した外国製品をすべて撤去したドイツのスーパーマーケットが衝撃的

「多様性が欠如した世界」を示した外国製品をすべて撤去したドイツのスーパーマーケットが衝撃的

外国産の商品を置かず、ドイツでできた物だけを販売するとなると、店はこんなにも寂しげな雰囲気になる。

サラダバーはほぼ空っぽである。

これはエデカの演出だ。人種差別や世界の多様性についての議論を促しているのである。

「エデカはお客様のニーズに応え、品ぞろえの豊富さが自慢です。国内各地の食品にくわえ、外国産の商品も取り揃えることでご満足いただける品物の多様性を生み出しております。」とエデカの広報はコメントしている。

ドイツのスーパーマーケットが人種差別に対するパフォーマンスを展開。その結果店内の棚はほぼ空に。 : カラパイア
 自給自足で全てが成り立つならそれでいい。だがほとんどの食品は輸入によって賄われており、日本の場合、食料自給率は38%(平成28年度)となっている。 それはドイツでも同様だ。ハンブルグにあるスーパーマーケットでは、独特の商品のディスプレイを行うことにより、

かなりショッキングな光景だけど「これって多様性と関係ある?」とちょっと思ってしまった…(;´Д`)

コメント