【動画】田代まさし氏、Eテレで薬物体験語る「刑務所に入れられても“悪のコネクション”が広がるだけ」

田代まさし氏、Eテレで薬物体験語る「刑務所に入れられても“悪のコネクション”が広がるだけ」

元タレント・田代まさし氏(62)が4日放送のNHK・Eテレ「バリバラ」(木曜後8・00)に講師役で出演。薬物依存症の恐ろしさを力説した。

2001年、04年、10年と覚せい剤取締法違反で3度逮捕されている田代氏。番組冒頭で「少しでも皆さまのお役に立てればということと、薬物依存症のことを少しでも知ってもらえれば」と出演理由を説明した。

最初に薬物に手を染めた当時を「全部面白いことを言わなければならなくて、だんだんと精神的におかしくなっていった」と回想。当時の心境を「芸能界の荒波で一生懸命泳いでいて、足がつりそうになってこのままだと溺れてしまうかもしれない。そこに“違法です”と書いてある浮き袋が流れてきた。捕まっちゃおうかな…、でもコレに捕まったら捕まっちゃうな…、でも後で離せばいいや、と思った」と例えた。

生徒役で出演したアイドルグループ「たこやきレインボー」から「逮捕されてもやめようとは思わなかった?」と聞かれ、「毎回思う」と即答。「でも、薬の魔力が勝ってしまってまた使って罰せられる。刑務所に入れられても、ただ“悪のコネクション”が広がるだけだった」と悪循環を明かしていた。

田代氏は次週11日の放送にも引き続き出演する。

https://news.livedoor.com/article/detail/16723739/

 

sakamobi
sakamobi

>刑務所に入れられても、ただ“悪のコネクション”が広がるだけだった

それでも他の覚せい剤に手を染めてない人間には覚せい剤使用の抑止力になるから刑務所に行ってもらわないと仕方ないわ😟😟😟

 

コメント