sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

米警官、タンポポを摘んでいた87歳のおばあさんをテーザー銃で鎮圧 「ナイフを持っていた。最小限の力の行使だ」

   

米南部ジョージア州で、タンポポを摘んでいた高齢女性を警官がスタンガンの一種「テーザー銃」で鎮圧する事件があったが、地元警察当局は「最小限度の力の行使」だったと現場の対応を擁護している。

事件が起きたのは州都アトランタの北方およそ135キロにある町チャッツワース(Chatsworth)。マーサ・ビシャラ(Martha Al-Bishara)さん(87)さんが10日、自宅近くの青少年クラブの敷地に生えているタンポポをナイフで切って摘んでいたところ、施設職員の通報で駆け付けた警官にテーザー銃で撃たれた。

警官はビシャラさんにナイフを捨てるよう指示したが、ビシャラさんは英語が話せず、指示に従うことができなかった。警官はテーザー銃を使用してビシャラさんを気絶させ、手錠を掛けた。

チャッツワース警察署のジョシュ・エザリッジ(Josh Etheridge)署長は「現場における脅威を阻止するためだけの、最小限度の力の行使だった」と警官の対応を擁護した。

しかし、ビシャラさんの孫娘マーサ・ドゥーネ(Martha Douhne)さんは米テレビ局NBCに対し、「祖母は銃で撃たれたと思ったそうだ」と語った。ドゥーネさんによると、ビシャラさんはスタンガンやテーザー銃の存在を知らなかった。事件後は不眠症になり、外出を怖がるようになったという。

エザリッジ署長はビシャラさんについて、潜在的な脅威でありテーザー銃の使用は妥当だったと主張。「87歳の女性でも、ナイフを持っていれば警官を傷つけることが可能だ」と述べた上で、警官は「殺傷能力のある武器を避け、テーザー銃を使用した」と強調した。

http://www.afpbb.com/articles/-/3186322

 

信じられない…(;´Д`)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット