日本郵便、玄関の前に通販の荷物を置いていく新サービスを来春開始…人手不足によるコスト削減が狙い

日本郵便、玄関の前に通販の荷物を置いていく新サービスを来春開始…人手不足によるコスト削減が狙い

通販の配達「玄関前置くだけ」来春から本格開始

日本郵便は、通信販売会社や百貨店などを対象に商品を宅配先の玄関前に置くだけで配達を完了するサービスを来春から本格的に始める。荷物の増加に対して人手不足の解消が進まない中、不在時の再配達を抑え、コストを削減する狙いがある。

このサービスでは、受け取り側が在宅か不在かを確認せず、配達員が玄関のドアノブに商品が入った袋を掛けたり、宅配ボックスに入れたりすると、配達を終えたことになる。受け取り側が企業からメールなどで商品の発送を知らせる連絡を受けた後、この方法による配達か、在宅中に配達をしてもらう従来通りの方法かいずれかを選択する。

玄関前などに置くだけで配達を済ませられれば、日本郵便にとってはコストのかかる再配達を減らすことが可能となり、受け取り側も配達予定の時間帯に在宅して待つ手間が省けるなどのメリットがある。

https://www.yomiuri.co.jp/economy/20180722-OYT1T50009.html

 

人手不足考えたらこれは必要よね。でも盗難の場合の補償はどうなるんかな。盗難されてなくても「なかった!」と言いがかりつけるDQNも多そうだし…(;・∀・)

コメント