sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

【悲報】タコの美味さ、外人にバレる 世界的需要の高まりで卸値2~5割高

   

【悲報】タコの美味さ、外人にバレる 世界的需要の高まりで卸値2~5割高

 タコの卸値の上昇が続いている。スーパーや回転ずしで扱う輸入の冷凍品は、前年同時期と比べ5割高。瀬戸内などで夏漁が本格化した国産も同2~3割高い。主力のアフリカ産が世界的な需要増で大幅に上昇し、国産タコの価格にも波及している。

東京・築地市場の冷凍タコの卸値は1キロ1500円前後と、前年同時期に比べ5割高い。国産品は2~3割高の同1200~2800円。特に輸入品の値上がりが目立っており「これほどの高値は経験したことがない」(築地の卸)との声が聞かれる。

値上がりの最大の原因は、米国や欧州の需要増だ。これまで安かったモロッコやモーリタニア産は国際的な争奪戦となり「日本が買い負けるケースが増えている」(大手水産商社)。

卸値の上昇は小売価格にも波及している。総務省の小売物価統計調査によると、6月中旬の東京都区部の平均小売価格は、100グラムあたり372円と前年の6月と比べ3割上昇。エビ(同325円)やホタテ(同285円)を抜き、マグロ(同455円)に迫る。

輸入品が国産を上回る逆転現象も起きている。都内の鮮魚店では、国産が100グラム400円前後、輸入品が500円前後の値札が目立つ。

鮮魚大手の魚力は、国産を前年比2割高の378円、アフリカ産を同5割高の398円で販売している。夏の需要期を迎え「今年は風味や鮮度の良い国産を積極的に販売したい」(魚力)。

「明石タコ」で知られる国内最大のマダコの産地、兵庫県明石市では今月上旬、漁の本番を迎えた。漁は8月上旬までが最盛期だが、今年は出だしの漁獲がやや少なめという。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32656370V00C18A7QM8000/

 

やっべ、、ばれたか。。(ノ∀`)アチャー

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット, 食事