sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

「タコは宇宙から飛んできた生物」複数の研究者がガチ提唱!

   

「タコは宇宙から飛んできた生物」複数の研究者がガチ提唱!

我々日本人は日頃からタコを食すことから、あまり気にならないかもしれないが、よくよくタコを見てみると、その姿は異様としか言いようがない。火星人がタコ型にイメージされたり、クトゥルフ神話に登場する異形の神がタコをモチーフに描かれていたり、特に欧米でタコが地球外的生命体、あるいは超自然的存在としてイメージされることが多いのも頷ける。

以前トカナでもお伝えしたように、2015年8月に学術誌「ネイチャー」上で発表された研究では、タコの遺伝情報が極めて複雑だということが分かり、研究者は「(タコは)まるでエイリアンのようだ」と、驚嘆の声をあげていた。生物学的に見てもタコほど奇妙な生物は存在しないのだ。そして今回、英紙「Daily Mail」(5月14日付)によると、全世界33人の研究者らによる共同研究により、やはりタコの祖先は地球外から飛来した可能性が高いことが明らかになったという。

学術誌「Progress in Biophysics and Molecular Biology」に発表された同論文で、研究者らは、まずパンスペルミア説の是非を再検討し、「銀河系内の居住可能な惑星の全体が、1つの生物圏を形成している」という仮説から、ウイルスの重要性を指摘。というのも、ウイルスには生命体を構成している遺伝情報を変える能力があるからだという。

また、タコと太古の貝の一種の遺伝情報を比べたところ、ある時突然、タコの進化が急激に早まったことが分かったそうだが、これも、地球に降り注いだエイリアン・ウイルスがタコの遺伝情報を複雑化したことが原因ではないかという。

さらには、その複雑な遺伝情報のため、タコの進化過程を辿ることは容易ではなく、研究者らは「まるで遥か“未来”から遺伝子を借りてきたかのようだ」と語っているほどだ。さらに驚くべきことに、タコの卵が地球外から飛来した可能性にも言及している。

「凍結されたイカやタコの卵が数億年前の地球に飛来したという可能性は、2億7千万年前のタコの突然の出現を説明するための安あがりな宇宙的説明だと言って無視するわけにはいかないのです。実際にパンスペルミア説は、化石として残っている全ての生命体の突然の出現に適応できます」

挑戦的な仮説に多くの科学者からは批判的な声が挙がっており、たとえば、ドイツ・マックスプランク研究所のウイルス学者カリン・モエリング氏は、同論文を「一考の価値はあるが、ウイルス、細菌、生命体が宇宙から来たという主張は真剣に受け止められない」と語っている。

とはいえ、パンスペルミア説を支持する研究者が多いことも確かだ。たとえば、エディンバラ大学アルジュン・ベレラ教授は、権威ある学術ジャーナル『Astrobiology』に発表した論文で、「惑星系を飛び交う超高速の宇宙ダストには、あらゆる惑星からの原子、分子、場合によっては微生物の生命体まで含まれており、それらを異なる惑星へと運ぶ手段になっている」と指摘している。そう考えると、タコが地球外生命体である可能性、少なくともタコの進化においてエイリアン・ウイルスが関与していた可能性は現時点では否定できないだろう。今後の研究に期待したい。

http://tocana.jp/2018/05/post_16897_entry.html

 

ワイもタコは宇宙人だと思うで…🐙🐙🐙

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット, 動物