sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

【悲報】タコを飲み込もうとしてイルカが窒息死 普通は振り回して食べやすくするが、あわてて丸飲みした悲劇

   

【悲報】タコを飲み込もうとしてイルカが窒息死~普通は振り回して食べやすくするが、あわてて丸飲みした悲劇

「一度に食べきれる分だけ口に入れなさい」とイルカのギリガンに教えてくれる人はいなかったようだ。

タコを飲み込んで窒息死したオスのミナミハンドウイルカが初めて確認され、解剖結果が学術誌「Marine Mammal Science」に掲載されている。

このイルカは「非常に食いしん坊で、タコをまるごと飲み込んでやる、と思っていたようです」。オーストラリア、パースにあるマードック大学の病理学者ナヒード・スティーブンス氏はそう話す。

パースから2時間ほど南下したバンバリーの海岸で発見されたオスのイルカが、解剖のためにスティーブンス氏の研究室に運び込まれたのは2015年8月のことだ。マオリタコの体の一部がまだイルカの口からはみ出している状態だった。

イルカがタコを食べることは知られていたので、スティーブンス氏は解剖を行って何が起こったのかを探ろうとした。ギリガンと名付けられたこのイルカの健康状態は非常に良好だったからだ。スティーブンス氏はまず、タコを取り除くところから始めなければならなかった。

「本当に巨大なタコでした。引っ張っても引っ張ってもまだ出て来る、という感じでした」。触手の長さは1.3メートル近かったという。

解剖を進めたところ、ギリガンが最後の食事となったタコを飲み込もうとした時に問題が起きたことが明らかになった。

イルカは、喉頭蓋(喉頭から噴気孔へつながるふた)を開けて喉を開くことによって、大きな食べ物を飲み込むことができる。

重さ2キロを上回るタコの触手が喉に張り付き、喉頭蓋が閉じて呼吸できなくなった結果、ギリガンは死に至ったとスティーブンス氏はみている。「タコは死んでいたと思われますが、それでも吸盤は機能していたようです」。このような状況ではどちらも勝って生き残れないものの、「タコが最後の抵抗を見せたのでしょう」と言う。

食べる前に振り回す

マードック大学の研究フェロー、ケイト・スプロジス氏は、タコは「簡単に飲み込めるものではない」と話す。

スプロジス氏は以前、ギリガンの死骸が打ち上げられたバンバリー付近でイルカの個体数を調査していた時、イルカがタコを空中に放り上げて柔らかくし、食べやすいように小さく分けようとしているのを見たことがあった。

クジラやイルカは海面に出てタコを空中に放り上げることがあり、なかなか面白い光景だとスプロジス氏は話す。同氏は今回の研究には加わっていない。

「イルカにとっては非常にエネルギーを要する行動です」。不運なタコはイルカの頭に必死にしがみつこうとする。それでもイルカが労力をかけるのは「タコの栄養価が高いことを知っているからなのです」

獲物を振り回したあと、イルカはタコの頭をかじり取るが、まだ戦いは終わらない。タコの触手はしばらく動いているからだ。

今回、ギリガンは「タコを十分にたたき付ける前に飲み込んでしまったのです」とスプロジス氏は話す。

不運な死からの教訓

ギリガンの死のようなケースは研究者たちが知る限りでは初めてだったが、自然界では頻繁に起こっている可能性が高い。

船乗りたちに語り継がれてきた、タコやイカに似た伝説上の怪物クラーケンとマッコウクジラの戦いは、実は巨大なタコとマッコウクジラの戦いだったのではないかとスティーブンス氏は考えている。

ギリガンの話は「私たちは普段気が付かないけれど、身の回りで常に起こっていることに目を向けるきっかけ」になると言う。

そればかりでなく、ギリガンの不幸な最期は、研究者たちが動物とその生態について深く知ることにもつながる。若く健康だったオスのギリガンの体は、病理学者が普段向き合っている老いた病気の生体サンプルと比べて調べることができる。

「このような機会は滅多にあるものではありません。不幸で悲劇的な死を視覚化できるのなら、そのほうが良いでしょう」とスティーブンス氏は語る。

http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/c/011800071/

タコは海の餅(;´Д`)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット, 動物