電気グルーヴ石野卓球 ソニ・ーミュージックアーティスツとの契約終了・・・ピエール瀧の影響か

電気グルーヴ石野卓球 ソニ・ーミュージックアーティスツとの契約終了

ソニー・ミュージックアーティスツ(SMA)は1日、「電気グルーヴ」の石野卓球(51)との契約を終了したことを発表した。

SMA、石野の両公式サイトで「株式会社ソニー・ミュージックアーティスツは、2019年6月30日をもって所属ミュージシャン石野卓球とのマネジメント契約を終了いたしました。これに伴い、当社は石野卓球及び電気グルーヴのマネジメント業務を終了いたします」と報告した。

コカインを摂取したとして逮捕・起訴された相方のピエール瀧被告(52)はすでに4月2日付でSMAから契約解除されており、同月17日に石野も自身のツイッターで「瀧もいないし」とも書き込んでた。一方で原盤権を持つレコード会社には残るとした。

同グループは、91年、SMAのグループ企業のレコードレーベルからアルバム「FLASH PAPA」でメジャーデビュー。97年に発売したシングル「Shangri-La」が大ヒットし、同社の売上に貢献した。

https://news.livedoor.com/article/detail/16704391/

sakamobi
sakamobi

瀧が解雇になったときに卓球もやめると宣言していたからね😟😟😟

コメント