滝沢カレン『鳥人間コンテスト』は「鳥のような人間を集める」と勘違いして打ち合わせを受けていた

滝沢カレン『鳥人間コンテスト』は「鳥のような人間を集めるのかと…」

モデルでタレントの滝沢カレンが28日、滋賀・琵琶湖で開催された人力飛行機の大会『Iwataniスペシャル 鳥人間コンテスト2019』(読売テレビ・日本テレビ系、8月28日19:00~)の本番後に取材に応じた。

『鳥人間コンテスト』初観戦の滝沢は「(大会を知らなくて)恥ずかしいくらい申し訳なかったんですけど…」と、いきなり謝罪。

また、“鳥人間”という名称から「最初は本当に鳥のような人間を集めてコンテストするのかと思って、面白そうだなと思ってたんですけど、打ち合わせをして知れば知るほど“人が飛ぶ”っていうことを知って、『そんな夢のある番組があったんだ!』って思って、(知らなかった)自分をぶちたくなりました」と、強く反省した。

この短いコメントにパワーワードを次々ぶち込む滝沢に、新MCのナインティナイン・矢部浩之は、思わず「吉本(興業)入らへん? 新しい風入れたほうがいいと思うねん」とスカウトしたが、滝沢は即座に「遠慮します」と辞退。取材の場が一気に滝沢の空気になった直後に、発言の順番が回ってきたプロレスラーの真壁刀義は「滝沢さんの後ってすげぇ難しくないですか?」と困惑していた。

人力プロペラ機部門は、17年に「BIRDMAN HOUSE 伊賀」チームの渡邊悠太さんが最長距離・40kmを達成したことから、新ルールで最長距離を60kmに延長。これにより、今回は40km抜く大会新記録が生まれ、会場は大いに盛り上がった。

https://news.livedoor.com/article/detail/16844634/

sakamobi
sakamobi

あざといわ~😩😩😩

コメント