カンニング竹山、ローラの辺野古発言への批判「一般人なんだから黙ってろと言われるのと同じ」「米国なら誰も言わない」

ローラの辺野古発言への批判「米国なら誰も言わないぞ」カンニング竹山の疑問

モデルでタレントのローラ(28)がフォロワー520万人を誇る自身のインスタグラムで、名護市辺野古の新基地建設工事の中止を求める署名を呼びかけて話題になった。これまでも環境問題や犬猫の殺処分などについて発信してきたが、今回の件で「突然の政治的発言」などと取り上げたワイドショーに批判が集まり、議論が広がっている。お笑い芸人のカンニング竹山さんは「一般人なんだから黙ってろ、と言われるのと同じ」と不快感を示す。

*  *  *
これまでは芸能の仕事をやっている人は政治的発言みたいなものはしないほうが得というか、触れないほうが何の害もなくて一番良いことだとされてきましたが、時代も変わっているし、発信するというやり方もありだと思うんですよね。本当にそう思っているなら、芸能人だって発信しても良いだろうし、そうなっていったほうが良いと思います。

なぜならネット社会になって、一般の人たちは自分の意見を匿名であろうが発信するようになっている。それを芸能の仕事をしているからダメっていうのはおかしくないですか?

僕もワイドショーで何か言ったら、ツイッターとかで黙ってろって言われますよ。「芸人ごときが偉そうに何言ってんだ」とか「芸人は芸人の仕事だけしときゃいいんだよ」って。でもそれって、立場を変えると「一般人なんだから公の場で意見言ってんじゃねーよ」とか「一般人が匿名で意見するな! 黙ってろ」っていう理論になる。歌い手は歌だけ、芸人はお笑いだけ、サラリーマンは自分の仕事だけやってれば良いってことになる。専門職の人の意見だけで、全て決める時代じゃないでしょ。

“政治的発言”って取り上げたワイドショーが批判されたりしてましたが、意外性があったから取り上げただけで、個人への批判というよりはこの現状に問題提起という意味もあったんじゃないですかね。辺野古だけじゃなくて、移民の受け入れとか生活に直結する国会での審議さえ全然取り上げない情報番組より、意識が高いんじゃないかと思います。

それに彼女はいま海外を拠点にしているから、発信するのはむしろ普通かもしれないですよね。アメリカではレディ・ガガがトランプタワーの前で反トランプのパネルを掲げて抗議したりしていますが、レディ・ガガに「歌手は黙ってろ」って言う人もいないでしょ。日本の芸能人だってどんどん海外で勉強したり、芸人でもピースの綾部(祐二)もニューヨークで頑張ってたり、そうやって外に出ていく時代。島国の日本だけ特殊な状態が続いてきたけど、変わっていくのは仕方ないんじゃないかと思います。

お前はこれだけやっとけば良いんだよ、という考え方はこれからの時代、ナンセンスかもしれないですよね。おのおのが発信する時代に、タレントだからって批判したり止めたりするのは無理だと思います。みんな好きで発信してるんだから。今回は沖縄の辺野古の問題で話題になったけど、きっとアメリカには、ああいう署名がめちゃくちゃあるんだろうなとも思う。

ちなみに僕は、1カ月以内に署名が10万集まれば政府が公式に回答しなければいけないというあのシステムを知らなかったから、面白いなと思って記事をリツイートしました。署名するかどうかは別問題で。全国紙でもほとんど取り上げられてなくて、こういう方法があるって知らない人は結構いたはずなんですよ。

だけど「リツイート=署名した」って思ってる人がいっぱいいて、賛成派からも反対からも「もうちょっと考えろ」とか「やっぱりそうですよね」みたいな意見をいくつかもらいましたけど、結局それだって立派な発信なんですよ。Yahoo!ニュースでコメント書いてるのも、不特定多数の人から見られるのは発信ですから。

芸能人より一般の人のほうが発信しているし、むしろ匿名でバレないように発言する卑怯さについても考えてほしいところ……。ちゃんと名前を出して、逃げも隠れもしない、私はこう思うんですって自分の意見を言うのは、何の問題も無いでしょ。

表示できません - Yahoo!ニュース

 

「何を言うのも自由」それは確かにそう。でもスポンサーのこと考えずに政治的発言するのはプロ失格だよね(;・∀・)

コメント