たけし再婚、お相手A子さんは著書に登場18歳年下「オネーチャン」

スポンサーリンク

たけし再婚、お相手A子さんは著書に登場18歳年下「オネーチャン」

スポンサーリンク

タレントのビートたけし(73)が18歳年下のパートナー女性・A子さんと再婚したことが7日、分かった。スポニチ本紙の取材では、この日までに都内の区役所に婚姻届を提出している。昨年5月に長く別居していた前夫人・幹子さん(68)との離婚が成立。A子さんとは8年前から交際してきた。現在ではマネジメント業務も任せており、公私両面のパートナーとなった。

スポンサーリンク

たけしは18年の著書「ビートたけしのオンナ論」で、A子さんを「オネーチャン」の表記で登場させた。それまでA子さんを「愛人」と報じる週刊誌が多かったが「“愛人”て言われても困るんだよ。だって、勃(た)たないんだから」とおちゃめに主張。また「自宅に帰らないんじゃなくて、要は居心地のいいほうに帰っているんだ。それがたまたまオネーチャンの家ってだけでね」と同居している理由を明かしていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200208-00000002-spnannex-ent

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

遺産目当てとか騒いでる人多いけど、確か3年か5年一緒に暮らしてたら、内縁の妻の扱いになって法律上は婚姻してるのと変わらなくなる。もう8年も暮らしてるなら籍入れても変わらんよ😅😅😅

コメント