【芸能】ビートたけし、上島竜兵さんを追悼する声明を発表「非常に悔しくて悲しい」

スポンサーリンク

ビートたけしが上島竜兵さん追悼 「どんなことがあっても笑って死んで行かなきゃいけないのに」

スポンサーリンク

タレントで映画監督のビートたけし(75)が11日、所属事務所の公式サイトで「ダチョウ倶楽部」の上島竜兵さんを追悼するコメントを発表した。

ダチョウ倶楽部3人を描いた似顔絵とともに「上島、大変ショックです。40年近く前から一緒に仕事をしてきたのに、芸人は笑っていくのが理想であって、のたれ死ぬのが最高だと教えてきたのに、どんなことがあっても笑って死んで行かなきゃいけないのに、非常に悔しくて悲しい」と悼んだ。

スポンサーリンク

たけしがMCを務めた1989年から1996年にかけて日本テレビ系列で放送された特別番組「ビートたけしのお笑いウルトラクイズ!!」で生まれたのが、ダチョウ倶楽部の「聞いてないよォ~」だった。この番組で、体当たりの芸風が磨かれ、バカを前面に押し出した笑いを繰り出し、たけしは「あんなバカいたんだな。おもしれえや」と大喜び。上島さんも「ウケると思ってなかったから、誰よりもたけしさんが腹抱えて笑ってたのがすごくうれしくて」と振り返ったこともあった。

スポンサーリンク

さらに、たけしが総合司会を務めた日本テレビ系列の「スーパーJOCKEY」では、ダチョウ倶楽部が1992年からレギュラー出演。番組コーナーの「熱湯コマーシャル」での「絶対に押すなよ!」と言いながら熱湯風呂に入る一連の流れは大きな反響を呼んだ。

◆いのちの電話

【相談窓口】

「日本いのちの電話」

ナビダイヤル 0570(783)556

午前10時~午後10時

フリーダイヤル 0120(783)556

毎日:午後4時~同9時

毎月10日:午前8時~翌日午前8時

ビートたけしが上島竜兵さん追悼 「どんなことがあっても笑って死んで行かなきゃいけないのに」(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース
 タレントで映画監督のビートたけし(75)が11日、所属事務所の公式サイトで「ダチョウ倶楽部」の上島竜兵さんを追悼するコメントを発表した。
スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

本気のコメだな
可愛がってたからなあ😭😭😭

コメント