米国に住む男性(51)が、宝くじで100万ドル(約1億円)を当てた3週間後に亡くなる ステージ4のがんで

米国に住む男性(51)が、宝くじで100万ドル(約1億円)を当てた3週間後に亡くなる ステージ4のがんで

米国に住む男性が、宝くじで100万ドル(約1億円)を当てた3週間後に亡くなった。サイト「ニューヨークアップステート」が報じた。

1月4日に宝くじに当選したドナルド・サバスタノさんは3週間後にがんで亡くなった。

同サイトによると、サバスタノさんが10ドルで宝くじを買い、くじを削って当選したとわかった。
サバスタノさんは当選後、「新しいトラックを買って、借金を返して、投資をします」と語っていた。また、休暇に一分の金を使おうと計画していた。

しかし、サバスタノさんは計画を実現することが叶わず、26日にステージ4のがんで亡くなった。

宝くじで1億円当選の男性、3週間後に死亡 米国
米国に住む男性が、宝くじで100万ドル(約1億円)を当てた3週間後に亡くなった。サイト「ニューヨークアップステート」が報じた。

最後に嬉しい思い出ができたと思えば良かったのかな…

コメント