sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

太陽系って何なの?50億年経って太陽が燃え尽きたら人類も含めた全生物死ぬの?

   

太陽系って何なの?50億年経って太陽が燃え尽きたら人類も含めた全生物死ぬの?

太陽の寿命は?

長野県・矢澤佑一さん(小3)からの質問

◇ののちゃん 宇宙(うちゅう)では星(ほし)が新しく生まれたり、死んだりしているんでしょ。まるで生き物みたいだよね。私たちの太陽は今、何歳(なんさい)ぐらいなのかな?

◆藤原先生 太陽ができて数千万年後に地球(ちきゅう)が誕生(たんじょう)したと考えられているのよ。だから地球とほぼ同じで、約46億歳になるわね。

◇ののちゃん すごいお年寄(としよ)りってことなの?

◆先生 人間にたとえたら今は働き盛りかな。太陽のように光り輝(かがや)く星を「恒星(こうせい)」というけど、恒星は元気に輝く期間(きかん)が一生の中でとても長くて、それから急に老(ふ)け込(こ)んでいくの。

◇ののちゃん 太陽もいつかは死んじゃうんだよね。

◆先生 これから50億年ぐらいはまだまだ元気よ。その後どんどんふくらんでいって、表面(ひょうめん)の温度(おんど)が低いけど明るい「赤色巨星(せきしょくきょせい)」というものになるの。

◇ののちゃん ふくらむって、どれぐらい?

◆先生 今の100倍以上になるみたい。太陽の中心部で起きている核融合(かくゆうごう)という反応(はんのう)が止まり、中心のひとつ外側で次の核融合が起こり始めると、ふくらみ出すらしいの。ふくらみ始めて10億年ほどたつと、いったん少し縮(ちぢ)むけど、また数億年後にはふくらみ出し、1億年ほどたつと……

◇ののちゃん 爆発(ばくはつ)?

◆先生 いいえ、星の外側のガスが抜(ぬ)けた「惑星状星雲(わくせいじょうせいうん)」になって、最後に地球ほどの大きさで明るい「白色矮星(はくしょくわいせい)」が残(のこ)るの。この星は何十億年もかけて少しずつ冷(ひ)えていって……その先どうなるかは、よくわかっていないわ。宇宙が誕生して約140億年。はじめのころにできた白色矮星でも、まだ冷(さ)めている途中(とちゅう)と考えられているのよ。

◇ののちゃん 太陽の寿命はどれぐらいなの?

◆先生 白色矮星は自分でエネルギーを作らない死んだ星だから、白色矮星になるまでに、ざっと100億~110億年というところかしら。

◇ののちゃん 寿命が短い恒星もあるの?

◆先生 太陽よりも質量(しつりょう)が15~20倍もある星は寿命が短いわ。数百万~数千万年しかなくて、最後は爆発するの。オリオン座のベテルギウスという赤色巨星は、今から数万年すると爆発するかもしれないらしいわ。

◇ののちゃん 太陽がどんどんふくらんでいくと、地球はどうなるの?

◆先生 太陽にのみ込まれるかもしれない。でもその前に、今から10億~20億年後には太陽の温度が少しずつ上がり、地球は熱くなって生物は住(す)めなくなると言われているわ。

◇ののちゃん 大変だ。勉強どころじゃないや。

◆先生 ずーっと先のお話だから、安心して勉強してちょうだいね。

(取材協力=国立天文台・青木和光主任研究員、構成=福島慎吾)

http://www.asahi.com/edu/nie/tamate/kiji/TKY200512050179.html

いずれ人類は地球を脱出するというお話し

 - ニュース, ネット