sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

史上初 51歳フランス人、太平洋遠泳横断に挑戦へ 銚子を出発

   

史上初 51歳フランス人、太平洋遠泳横断に挑戦へ 銚子を出発

フランス人スイマーのベン・ルコントさん(51)が5日、史上初めての太平洋遠泳横断に挑戦するため、千葉県銚子の海岸を出発した。

サメや嵐、クラゲの大群、極度に低い水温などの危険があるなか、ルコントさんは1日8時間の水泳を半年以上続け、約9000キロ先の米西海岸を目指す。

ツイッターに出発前の写真を投稿したルコントさんは、「6年以上の準備がこの瞬間につながった。太平洋横断の泳ぎを開始する準備がついに整った」とコメントした。

ルコントさんは挑戦を通じて気候変動への認知を高めたい考え。同行する科学者のチームは、プラスチックごみや激しい運動が心臓に与える影響、2011年の東京電力福島第1原子力発電所事故の海への影響を調査する計画だ。

現在米国を拠点にするルコントさんは、毎日何時間も海上で泳ぐ訓練を続け、メンタル面でも「ビジュアリゼーション(映像化)とディソシエーション(解離)」と呼ばれる練習を行い準備に取り組んできた。

ルコントさんはAFP通信に対し、「メンタルな部分は肉体的な要素よりもずっと重要」だと語った。「いつも前向きに考えるようにしなくちゃいけない」。

「頭を使って考えることがなくなると、悪いスパイラルに陥る。問題はその時に始まる」

今月1日のツイッターへの投稿では、会員制ディスカウントストアの「コストコ」で物資を購入した際の写真に、「10人分の6カ月の食料のレシートがどんなものになるのか考えたことがあるかもしれませんが、これは違いますよ。これはほんの一部……ですが、良かったのはきょう買い出しが完了したこと!」とのコメントが付けられている。

準備に6年以上が費やされたが、挑戦はもっと以前から計画されていた。

ルコントさんは1998年に単独で大西洋を泳いで横断することに成功。6400キロを73日で泳ぎきった。フランスの海岸にたどり着いたルコントさんの最初の言葉は「2度としない」だったが、間もなく次の挑戦対象を探し始めた。

「考えを変えるのに、そう時間はかからなかった」とルコントさんは公共ラジオ放送NPRに語った。「3、4カ月後には、次の冒険、何か同じようなことをしようと考え初めていた」。

ルコントさんは太平洋横断に挑戦中、毎日ほぼ同じルーティンをこなす。8時間泳ぎ、支援船に乗り込んで食事と睡眠をとり、そしてまた海に入ることを繰り返す。

体力を維持するため、一日8000カロリーを摂取する予定だ。

「砂糖なしの厳格な食事管理をしている。摂取カロリーのほぼすべては高脂肪の食品からで、フリーズドライの完全なメニューや米、パスタ、さまざまなスープなどがある」。米ニュース共有サイト「レディット」に今月投稿されたインタビューでルコントさんはこう語った。

支援船は、全地球測位システム(GPS)装置が搭載されており、ルコントさんたちの現在位置は、同氏のウェブサイトで確認できるようになっている。

http://www.bbc.com/japanese/44366491

 

泳いで太平洋横断とか…さすがに無理っしょ(;゚Д゚)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット