鈴木拓、約300万円かけてYouTubeデビューするも「再生900回って、ふざけるな」

スポンサーリンク

鈴木拓、約300万円かけてYouTubeデビューするも「再生900回って、ふざけるな」

スポンサーリンク

カジサック、ゴー☆ジャス、ヒロシなど、お笑い芸人がネット配信で活躍する中、数々の大炎上を生み出してきた“元祖・クズ芸人”が人知れず、壮大なプロジェクトを発進させていた──エッ、芸人やめちゃうの!?

スポンサーリンク

笑いはいっさいありません!
「最初に言っておきますけど、芸人は引退しませんからね! 鈴木拓、芸能界に、まだまだガッシリと、しがみついていきたいですから(笑)」

スポンサーリンク

“炎上のプロ”“元祖・クズ芸人”……など数々の称号を持つお笑いコンビ・ドランクドラゴンの鈴木拓が、1月上旬、突如“海でカヤック(カヌー)を漕いで日本一周します”とSNSで宣言。動画サイト『YouTube』には、公式動画チャンネルも開設した。

スポンサーリンク

まさか……本気なの!?

「この計画に笑いはいっさいありません! “カヤックで日本一周したいな”というのは、2年くらい前から考えていて、事務所にも相方(塚地武雅)にも家族にも相談して。塚っちゃんは“ええんちゃう”くらいの素っ気ない反応でしたけど(笑)」

スポンサーリンク

テレビ4本とラジオ1本のレギュラー番組を抱えるため、実際には“二足のわらじ”生活になるという。

スポンサーリンク

「テレビや営業など仕事のとき以外は、できるだけ海でカヤックを漕ぎたい。昔、手漕ぎボートで日本一周した人の記録を読むと、半年で沖縄沖から和歌山沖まで行ったらしいので、1~2年かければ何とか一周できると計画しています」

スポンサーリンク

もともと、海釣りが趣味の鈴木。「もっと自由に海で釣りをしたい」と、数年前にカヤックを購入。休みになるとそれを車に積み込んで東京湾や相模湾などの海岸まで出かけていっては、カヤックで沖へ漕ぎ出して大海原でのんびり釣りを楽しんでいた。

スポンサーリンク

「これまでのテレビ業界って、僕らがユーチューブに手を出そうもんなら、“テレビでは使いにくくなる”なんていう雰囲気があったんです。でも、それがだんだんなくなってきたので、実行に移したわけで。いつまでも“クズだ”“炎上だ”と言っていてもしかたないですから。決して、キャンプ芸人が流行っているからではございません(笑)」

スポンサーリンク

自前の動画にはインド文字と中国文字を使用
テレビからユーチューバーに軸足を移し、再ブレイクした芸人は少なくない。「年収8000万円」と告白したカジサックをはじめ、ピン芸人ヒロシは“ひとりキャンプ”動画が人気になって山を丸ごと買うまでになったり、ゴー☆ジャスがゲーム実況と呼ばれるジャンルの動画配信で大成功したり。“カヤックで日本一周”は、鈴木なりの生き残る術(すべ)でもあるのか。

スポンサーリンク

「釣りとか登山とか、アウトドアのジャンルって、世界中に動画を見るファンがいるんです。チャンネル登録者数140万人もいるバケモノみたいな釣りの動画チャンネルもありますから。そういう人たちに、北は北海道から南は沖縄までカヤックで釣りして、リアルな動画をお届けしたいです。

スポンサーリンク

当面の目標はカジキ。オーストラリアにはカヤックでカジキマグロを釣る人がいるそうです。カジキが釣り針に食いつくと、釣り上げるまで5時間もカヤックが引っ張られ続けるんですって!」

スポンサーリンク

まさに“老人と海”。それはちょっと見てみたい気がしないでもない。

「カジキは伊豆あたりだと岸近くにも来るので、日本でも不可能じゃない。カヤックでカジキを釣った動画をいちばん最初にやったら儲(もう)かる……いや、面白いんじゃないかなと考えています。うまくいけば“カヤックで釣り”という狭~いジャンルでも、ひと儲けできる……あ、いや、第一人者になれるかもなと」

スポンサーリンク

動画はすべて自前。公式チャンネルに唯一、投稿されている(2月1日時点)動画を見ると、あらビックリ! 動画中に流れてくる解説文の字幕はインド文字と中国文字。日本語はその訳語が申し訳程度に流れてくるだけ。鈴木だとわかるシーンも皆無でシュールな動画だ。

スポンサーリンク

「ヒンディー語と北京語です。スマホの翻訳アプリで訳して。それほど無茶苦茶な字幕にはなっていないと思ってたんですけど、ヒンディー語の訳を現地の人に見せたら“4歳児が書いた文章?”って言われました(笑)」

スポンサーリンク

どうしてまた、ヒンディー語と中国語の字幕を?

「ズバリ世界進出を狙っているからです。今回の動画は完全に海外の人、特にインドや中国の方々がターゲットです。理由? 人口が多いからです。ピコ太郎さんみたいに最初から日本を無視して“海外向けでやってますよ”で大成功しちゃった例もあるわけですから、日本にこだわらなくてもいいかな、と。

スポンサーリンク

むしろ“あの鈴木拓がやってるなら見るのやめよう!”ってならないよう、最初はチャンネル名に鈴木拓とも入れてなかったくらい。僕だとバレないくらいが、ちょうどいいんじゃないですかね(苦笑)」

スポンサーリンク

約300万円を投資したものの……
動画の編集は「後輩芸人に助けてもらって」というが、ドローンを使っての空からの撮影や海上での撮影は、すべて鈴木ひとり。撮影にかかるカヤックをはじめとする機材はもちろん全部、自前だ。

スポンサーリンク

「日本一周のために、帆を張って風力で走れる高性能カヤックを新調しました。これが75万円。そのカヤックが巨大すぎて車に積めないので、牽引する専用キャリーも購入し、50万円。“動画編集に必要だ”とすすめられるがままにいちばん高性能なデスクトップパソコンを買って75万円。動画編集用ソフトの使用料が年間2万5千円で……」

スポンサーリンク

ところが、“機械オンチ”すぎて、編集どころか操作方法すらわからなかった。

「しかたないので“パソコン操作の練習用”ノートパソコンも買って、25万円。それから撮影用のアクションカメラが5万円で、この高性能ドローンが20万円……あ、それ買う前に小型のドローンも買ったんだ。間違って6台も」

スポンサーリンク

ろ……6台!?

「海外の通販サイトで買ったんですけど、購入ボタンをクリックしても“購入完了”にならなくて。“アレ? アレ?”って何度もクリックしていたら、全部で5台も買ったことに。さらにそれがなぜか6台に増えて送られてくるという(苦笑)。だから今、家に未開封のドローンが5台あります。機材だけで250万円、なんだかんだで300万円は使ってるんじゃないですかね? 奥さんには“これは必ずカネになるから”とウソ言ってます(笑)」

スポンサーリンク

鈴木の肝心の動画チャンネル登録者数は……140人!? 動画総再生回数は……えぇ!? 900回!?(2月1日時点)。ちなみに“キャンプ芸人”ヒロシの公式動画チャンネル登録者数は、約60万人。人気チャンネルといきなり比べるのは酷かもしれないけれど、仮にも芸能人の公式動画としては、あまりに少なすぎません!?

スポンサーリンク

「あくまで世界向けなので国内でこれくらいでも全然焦りはないんですけど……300万円使って再生900回って、ふざけるなですよ。僕が動画サイトのプロデューサーだったら怒っています(笑)。編集テクニックやドローンの撮影テクニックにも問題あるのですが、いちばんは、とにかく海に出ても魚が全然釣れないこと。ドローンで空撮した風景映像がひたすら流れる動画になっていて(苦笑)。

スポンサーリンク

“釣りして日本一周”と言った手前……、地獄絵図です。“東京湾にも生息しているかも”とささやかれている“生きた化石”シーラカンスでも釣れちゃえば、月に1千万円くらいは稼げるんだけどなぁ!! もういっそ釣りやめていまからキャンプ動画にしちゃいます?(笑)」

スポンサーリンク

なんだか頼りない船出。人生の遭難はしないでね。

https://news.livedoor.com/article/detail/17809052/

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

芸能人がYoutube始めると本当の人気が露見されるな😨😨😨

コメント