sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

『若者が住みたい田舎ランキング』1位が意外な所に

   

『若者が住みたい田舎ランキング』1位が意外な所に

若者世代が住みたい田舎、栃木市が2年連続1位

田舎暮らしや移住情報などを紹介する月刊誌「田舎暮らしの本」(宝島社)の2月号(4日発売)で特集した「第6回住みたい田舎ベストランキング」で、栃木県栃木市が2年連続で「若者世代が住みたい田舎部門」の1位になった。

同市が4日に発表した。

ランキングは、移住希望者への補助制度などの施策や住環境を問うアンケートに回答した自治体を対象に、回答内容と移住者数などを点数化して評価。今回から人口10万人以上の「大きなまち」(回答数106)と、10万人未満の「小さなまち」(同565)にカテゴリーが分かれた。

人口約16万人の栃木市は「大きなまち」に属し、10~30歳代の単身者を対象にした若者世代部門で1位のほか、子育て世代(昨年1位)と50歳以上のシニア世代(同4位)がともに2位、総合順位は3位だった。若者世代のポイント数は、全体の671自治体の中でも1位だった。

結果について、鈴木俊美市長は定例記者会見で「昨年に続いて評価されて、うれしい。市内の高校生を集めて町づくりに参加してもらったり、給付型奨学金制度を作ったり、若者向けの制度が評価された結果だと思う」と話した。

http://www.yomiuri.co.jp/national/20180105-OYT1T50018.html

(´・∀・`)ヘー

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット