sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

生息できるギリギリ…水深8178mで深海魚の撮影成功

   

 海洋研究開発機構などは24日、太平洋・マリアナ海溝の水深8178メートルで、深海魚の撮影に成功したと発表した。魚類が生息できる限界は水深8200メートルだとされ、これまでで最も深い撮影例だという。

海洋機構は深海の生態系を調べるため、5月にカメラを搭載した観測機器を水深8200メートル付近まで下ろし、延べ約11時間にわたって撮影。一緒に下ろしたエサのサバに群がるヨコエビとともに、ヨコエビを狙って近づいてきたマリアナスネイルフィッシュとみられる深海魚の姿を捉えた。

海洋機構の小栗一将主任技術研究員は「生態系をより詳しく調べるため、今後は魚の採取も検討したい」と話している。

撮影された映像は、東京都台東区の国立科学博物館で開催中の特別展「深海2017」で28日から公開される。

これまでは、4月に中国の研究チームがマリアナ海溝の水深8152メートルで撮影した魚類の姿が最も深い撮影例だった。

http://www.asahi.com/articles/ASK8S3GJ9K8SULBJ005.html?iref=sp_new_news_list_n

8200mが限界とされる根拠って何だろう?(;・∀・)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット, 動物