中国当局 天宮1号の大気圏再突入は「素晴らしいショーとなる」

中国当局 天宮1号の大気圏再突入は「素晴らしいショーとなる」

中国当局は29日、今後数日間のうちに大気圏に再突入する見込みの同国の宇宙実験室「天宮1号(Tiangong-1)」について、被害をもたらす可能性はとても低いとし、代わりに流星群に似た「素晴らしい」ショーが見られるかもしれないと述べた。

中国の宇宙開発当局は同日、重さ約7トンの天宮1号は3月31日から4月2日の間に大気圏に再突入すると述べた。欧州宇宙機関(ESA)は再突入の時間について、グリニッジ標準時で3月31日正午(日本時間同日午後9時)から4月1日午後の早い時間帯(日本時間同日夜から深夜)と予測している。

中国有人宇宙プログラム室(CMSEO)は天宮の再突入について、「心配する必要はない」とウィーチャット(WeChat)のアカウントで述べ、「SF映画のように地上には激突せず、大気圏に再突入する際に素晴らしい(流星群のような)ものとなり、星空を横切るだろう」と説明している。

天宮1号の大気圏再突入は「素晴らしいショーとなる」 中国当局
【3月30日 AFP】中国当局は29日、今後数日間のうちに大気圏に再突入する見込みの同国の宇宙実験室「天宮1号(Tiangong-1)」について、被害をもたらす可能性はとても低いとし、代わりに流星群に似た「素晴らしい」ショーが見られるかもしれないと述べた。

 

それ言っちゃダメやろ…(;´Д`)

コメント