【悲報】中国人が9秒91を出し桐生の記録が一気に抜かれる

中国の蘇炳添が9秒91 陸上男子100でアジア記録

陸上男子短距離の蘇炳添(中国)が22日にマドリードで開かれた国際大会の100メートルで、追い風0.2メートルの条件下、9秒91をマークして優勝し、ナイジェリア出身のフェミセウン・オグノデ(カタール)のアジア記録に並んだ。謝震業(中国)が今月19日に出したばかりの9秒97の中国記録も大幅に更新した。

国際陸連によると「9秒99の自己記録を更新し、中国記録を塗り替えられて、とても満足している」とコメントした。

28歳で身長172センチの蘇炳添は、2015年に中国勢として初めて10秒の壁を破る9秒99を樹立。世界選手権でも15年北京大会でアジア勢初の決勝に進み、昨年のロンドン大会ではアジア勢で初めて8位入賞を果たした。今年3月の世界室内選手権では60メートルでアジア室内新記録の6秒42を出して銀メダルを獲得。5月には100メートルで2.4メートルの追い風参考ながら9秒90をマークしていた。

日本記録は桐生祥秀(日本生命)が昨年9月にマークした9秒98。

中国の蘇炳添が9秒91 陸上男子100でアジア記録
陸上男子短距離の蘇炳添(中国)が22日にマドリードで開かれた国際大会の100メートルで、追い風0.2メートルの条件下、9秒91をマークして優勝し、ナイジェリア出身のフェミセウン・オグノデ(カタール)

 

抜かれるも何も、もともと蘇炳添のほうが上やで(;・∀・)

コメント