スタバ店員、今度は吃音症の客をばかにする 店員は解雇

スタバ、吃音症の客ばかにした店員を解雇

米コーヒーチェーン大手スターバックス(Starbucks)の店員が吃音(きつおん)症の客をばかにしたとされる出来事が明らかになり、同社が再び批判の矢面に立たされた。スターバックスは3か月前、店内で待ち合わせをしていた黒人男性2人を店長が警察に通報して逮捕させる問題を起こし、人種差別との批判を浴びたばかりだ。

サムという名前の客は6月27日、米東部ペンシルベニア州フィラデルフィア(Philadelphia)にあるスターバックスの店舗で飲み物を注文する際に自分の名前を口ごもった。すると店員は、「オーケー、サ、サ、サ、サム」と返答。サムさんが受け取ったアイスコーヒーのカップの名前欄にも「サササム(SSSAM)」と印字されていたと、サムさんの友人でビジネススクールの学生タン・レクウィジト(Tan Lekwijit)さんがフェイスブック(Facebook)で明らかにした。

サムさんがスターバックスに電子メールで苦情を入れると、おわびとして5ドル(約550円)分のギフトカードが送られて来たという。レクウィジトさんは、スターバックスの対応は「的外れだ」と批判し、「問題意識を高める」ためにフェイスブックに投稿したと主張。「私の友人よりさらに苦労している言語障害者は世の中に大勢いて、自尊心や自信を持てずに苦しんでいる」と述べ、「人から、特にサービス業の従事者からのこのような扱いは、彼らを傷つける。スターバックスの従業員の方々には、このことを心に留めておいていただきたい」と続けている。

スターバックスはレクウィジトさんのフェイスブックページに、「わが社は差別を一切容認していません。この件については直ちに対処します」と書き込んでいたが、5日になってツイッター(Twitter)で、問題を起こした店員を解雇したことを発表した。

4月12日にはフィラデルフィアにあるスターバックスの別の店舗で、友人を待っていた黒人男性2人が何も注文していないという理由でトイレの使用を拒否された上、警察に通報、逮捕される事件が起き、同社は5月29日、米国内の8000以上の店舗を休業し、従業員17万5000人に人種偏見についての一斉研修を行っていた。

 

>サムという名前の客…注文する際に自分の名前を口ごもった。すると店員は、「オーケー、サ、サ、サ、サム」と返答。サムさんが受け取ったアイスコーヒーのカップの名前欄にも「サササム(SSSAM)」と印字されていた

アホの小学生レベルやな(#・∀・)

コメント