【スターバックス】 注文しなかった黒人男性通報の件で人種差別批判受け全米で研修

【スターバックス】 注文しなかった黒人男性通報の件で人種差別批判受け全米で研修

アメリカの大手コーヒーチェーンのスターバックスは、黒人の男性2人がなにも注文しないまま店内で知人を待っていたところ、店員から通報を受けた警察官に不法侵入の疑いで逮捕され、人種差別に基づく対応だという批判が高まっていることを受け、再発防止に向けて全米に8000ある直営店で従業員の研修を行うと発表しました。

この問題は、アメリカ東部ペンシルベニア州のスターバックスの店舗で、今月12日、店員の注意にしたがわずなにも注文しないまま、店内で知人を待っていた黒人の男性2人が、トイレを使ってもよいかなどと尋ねたところ、店員に通報され、駆けつけた警察官に不法侵入の疑いで逮捕されたものです。

その際の動画がツイッターに投稿された直後から、スターバックスの対応は人種差別に基づくものだとして、全米でボイコットを求める声が広がるなど批判が高まっています。

これを受けて、スターバックスは17日、全米に8000ある直営店すべてを来月29日に半日休業して、17万5000人の従業員に対し、再発防止に向けた研修を行うと発表しました。

逮捕された黒人の男性2人は、すでに釈放されており、今回の発表に先立ち、直接会って謝罪したスターバックスのジョンソンCEOは、信頼回復に努める考えを強調するコメントを出しています。

エラー|NHK NEWS WEB

 

>黒人の男性2人がなにも注文しないまま店内で知人を待っていた

これ記事だけだと状況分かりにくいんだけど、単に注文せず待ち合わせ場所に使ってたのか、待ち合わせ後に揃って注文しようとしてたのかによって判断別れるよね。

コメント