【朗報】ラグビーの敗北、力負けではなく南アフリカが審判を欺いたからだった

スポンサーリンク

審判さえ欺いた南アの出足、経験差に泣いた/今泉清

スポンサーリンク

<ラグビーワールドカップ(W杯):日本3-26南アフリカ>◇準々決勝◇20日◇東京・味の素スタジアム

スポンサーリンク

日本のバックス陣が、南アフリカとの経験の差に泣いた。

相手の出足が早かったのは、オフサイド気味だったから。私の目には完全にオフサイドに映ったが、審判が笛を吹かなければペナルティーにはならない。全員がオフサイドラインよりも1歩ずつ前に立ち、さらに飛びだすタイミングも早かったと思う。

スポンサーリンク

ただ、うまいのは、それを全員がきれいにそろってやること。1人だけが飛びだせば文句なくオフサイドになるが、ラインがそろっていると審判もとりにくい。そういう駆け引きを巧みに使ったところが、W杯上位常連国の経験なのだ。

スポンサーリンク

日本のラインは浅く、立ったままパスが回ることが多かった。相手がオフサイド気味に飛びだしてくるなら、それに合わせて1歩立ち位置を下げるべき。相手もタックルの的を絞れなくなるし、突破もしやすくなる。課題だったキック処理を完璧にこなし、準備はできていた。だからこそ、審判さえ欺くような経験の差で負けたことは残念でならない。(元日本代表)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191020-10201153-nksports-spo

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

日本贔屓の糞審判欺いて圧倒的な力で制したんやから流石やなって話よ😩😩😩

コメント