sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

大分県警が紛失した捜査資料、拾った女性がSNSに投稿

   

大分県警が紛失した捜査資料、拾った女性がSNSに投稿

<大分県警>紛失捜査資料がSNSに 拾った女性が投稿

大分県警大分東署の30代巡査部長が交通事故の捜査資料を紛失し、拾った女性がソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)に書類の写真を投稿していたことが9日、捜査関係者への取材で分かった。投稿した書類の写真は個人名が判別でき、女性のフェイスブックに登録する約30人が閲覧できる状態だった。投稿内容の拡散は確認されていない。

県警によると、紛失した書類は、2016年、18年に起きた交通事故2件の捜査報告書計11枚。当事者2人の名前や車両の速度を測定する方法などが書かれていた。4日午後1時ごろ、巡査部長が無許可で署内から持ち出し、4月下旬に大分市内で起きた別のひき逃げ事件の現場付近で紛失したとみられる。

今月4日に現場近くを通りかかった女性が書類を拾い、自身のフェイスブックに書類の写真を投稿。友人から指摘を受け、投稿の数分後に自ら削除した。その友人から相談を受けた県警職員が同日午後11時ごろ、同署に連絡し、同署は女性が拾った捜査資料10枚を回収。残る1枚は不明のままだが、個人情報は書かれていないという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180509-00000031-mai-soci

 

アホすぎる…(;´Д`)

関連コンテンツ ユニット



 - Twitter・SNS, ニュース, ネット