【動画】僧衣で運転…摘発に不満 僧侶ら「十分動けます」

 お坊さんが着る「僧衣」と呼ばれる着物は車の運転の邪魔になるのか、ならないのか。今、議論になっている。

軽快にジャグリングを披露するのは本物のお坊さんだ。しかも、僧衣を着たままでも機敏な動き。こちら、難易度の高そうな技を大成功。さらに、片足にボールを乗せて縄跳び。なかには、あの有名映画さながらの剣舞を見せるお坊さんも。インターネット上に次々と投稿されるこれらの動画。僧侶たちは、ただ特技を披露しているわけではない。

事の発端は去年9月のことだ。福井県内で40代の男性僧侶が車を運転していたところ、交通違反だとして警察に反則切符を切られたのだ。問題視されたのは男性僧侶が身に着けていた僧衣だったという。実は、福井県の交通ルールでは車の操作に支障のある衣服を着て運転することが禁止されている。今回、このルールが適用された形だが、これに全国の僧侶らがそんなことはないと僧衣姿で一芸を披露する事態に。

三原貴嗣住職は、明確な基準もなく個別の警察官の主観で取り締まれるようになってしまう事態に問題提起したかったという。海外のメディアも僧侶の反発動画を取り上げ経緯を紹介している。果たしてお坊さんたちの熱心な祈りは届くのだろうか。

http://news.livedoor.com/article/detail/15839834/

 

大道芸で仲間の潔白を証明www(*´艸`)

コメント