42歳主婦、男性アイドル育成ゲームのガチャ課金で離婚の危機「カードローンにも手を出しました。年金や健康保険も滞納。もう、自分の意志ではゲームをやめられない。」

42歳主婦、男性アイドル育成ゲームのガチャ課金で離婚の危機「カードローンにも手を出しました。年金や健康保険も滞納。もう、自分の意志ではゲームをやめられない。」

ソシャゲ依存になった漫画家 課金ガチャを回し続ける心理とは

 主にスマホで遊ぶオンラインゲーム、通称「ソシャゲ(ソーシャルゲーム)」。都内在住の主婦A子さん(42才)もソシャゲにハマった一人だ。ある日、A子さんは、夫から突き付けられた離婚届を前に頭を抱えていた。

「最初はちょっとした気持ちで“課金”したんです。カッコよくて萌えるキャラクターが欲しいなって。今思えば、それがすべての間違いでした。次から次へ新しいキャラが登場し、お金を払ってそれを手に入れないとクリアできないイベントが出現して…この繰り返し。気がつけば夫から渡された生活費にも手をつけていました」

 男性アイドルの育成ゲームにのめり込み、次々と現れる新キャラを入手するため、「課金」という形でお金を払い続けた。最初は月に2000円までと決めていた課金額は5000円、1万円、5万円と膨らみ、いつしかカード限度額の30万円に達した。A子さんがガックリと肩を落としつぶやく。

「月10万円のパート代はすぐに底をつき、カードローンにも手を出しました。年金や健康保険も滞納してしまったため、督促状を見た夫に問いただされすべてを白状しました。夫の実家で家族会議が開かれ、激昂した夫から『少し頭を冷やしたい』と別居を提案されました」

 現在は実家で暮らすA子さん。つい数日前、遂に離婚届が届いたという。しかし、深く反省しているつもりでも、気づけばまたソシャゲに興じる自分がいる。

「もう、自分の意志ではゲームをやめられないんです。私はどうすればいいのでしょうか…」

スマホの登場でオンラインゲームの弊害は主婦層にも

 一般社団法人日本オンラインゲーム協会の2017年の調査によると、インターネットを介した国内オンラインゲームの市場規模は1兆2796億円を突破。このうちスマホやタブレットを使ったソシャゲは1兆1517億円を占めた。

 内閣府の2017年度調査では、小中高生の7割以上がオンラインゲームをしている。子供たちのゲーム内の高額課金が深刻な社会問題へと発展するなか、WHO(世界保健機関)は今年1月、ゲームに依存するあまり日常生活が困難になる症状を、新たな病気として定義した。

 著名人の中にも高額課金者は多く、LINEのソシャゲ『ディズニーツムツム』にハマったタレントの千秋(46才)は、高級ブランドの財布が買えるほど課金したことをツイッターで告白。星野源(37才)も、ソシャゲの『アイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージ』に心酔し、新キャラを獲得するため高額課金したことを自身のラジオ番組で公言している。

 そもそも日本でオンラインゲームが普及したのは、2002年に登場した『ファイナルファンタジー(FF)XI』がきっかけだった。『ネトゲ廃人』(リーダーズノート)の著者でノンフィクションライターの芦﨑治さんが指摘する。

「FF XIは、オンラインでつながった他人と『パーティ』と呼ばれる最大6人のグループを組み、一緒にプレイするゲーム。FF XI以降、同様にパーティを組んで仲間とつながるゲームが相次ぎ発売され、のめり込みすぎて私生活が崩壊する“ネトゲ廃人”が続出しました。

 当時は、自宅のパソコンやゲーム機でゲームを行うのが主流。“廃人”たちは、ゲーム画面が見えるよう扉を開けたまま用を足したり、あらかじめ数日分の食料を買い込み、3日3晩ひたすら引きこもってプレイを続けていました」

 ちなみに一般的にネトゲはパソコンやゲーム機を使ったオンラインゲームで、ソシャゲはスマホで遊ぶゲームを指す。

 そんな中、スマホの登場で、オンラインゲームの弊害は主婦層にも広がった。『ネトゲ廃女』(リーダーズノート)の著者で、ノンフィクションライターの石川結貴さんが解説する。

「スマホなら場所を選ばずどこでもゲームができる。SNSで人とつながることが当たり前になり、初心者向けのソシャゲも続々と登場しました。敷居が一気に下がり、ソシャゲが爆発的に普及した結果、比較的時間に余裕のある主婦層にまでユーザーが拡大したのです」

 2016年に、セガゲームスがスマホ保有者を対象にスマホゲーム利用率を調査したところ、40代女性で43.7%、50代女性で45%が利用していることが判明した。だが、ゲームに夢中になるあまり誕生したのが、冒頭のA子さんのような “ソシャゲ廃人主婦”だ。

「楽しみよりも苦しく恐ろしい時間が続く」

 漫画家でコラムニストのカレー沢薫さんもその1人。夫と2人暮らしで、もともとアニメキャラが大好きなオタク女子だったカレー沢さんは、ある時『FGO(Fate/Grand Order)』というソシャゲに出合う。

 ゲームの中のレアキャラクター「土方歳三」をどうしても手に入れたくて、「ガチャ」に情熱を注いだ。しかし、レアアイテムの当せん確率は0.1~0.2%程度と極端に低い。強いレアキャラを獲得するには何度もガチャを回す必要があり、多額の資金が必要となる。

 そのため、どうしてもレアキャラが欲しい利用者は、単発で回すより確率が上がるとされる 『10連』(10回連続分のガチャセット)を大体3000円ほどで買い、30回、50回、100回と繰り返してやっと強いキャラをゲットする。

 だが、大枚をはたいて目的のキャラやアイテムを手に入れても、すぐに新たな強いキャラクターが登場する。ユーザーはまたそのキャラを追い求め、ガチャを回す。この終わりのないループが、ガチャの特徴である。カレー沢さんが話す。

「頭の中は土方さんを獲得することしか考えられなくなりました。4万5000円をつぎ込んでようやくゲットしました」

 だが、このゲームは同じキャラを5人出して初めて強さがMAXになる。「私の土方さんをもっと強くしたい」との欲望に突き動かされた彼女は、最終的に17万円をつぎ込んで目的を達成した。カレー沢さんは、ガチャを回し続ける時の心境をこう話す。

「ガチャを回している間は、“ここでやめるべきではないか”“今なら引き返せるんじゃないか”という考えが何度も頭をよぎり、楽しみよりも苦しく恐ろしい時間が続きます。その分目当てのキャラが出た時の嬉しさは筆舌に尽くしがたく、土方さんに費やしたお金は全く後悔していません。

 しかし、“お金が無駄になったうえにキャラも出ない最悪のパターン”だけは避けたいという思いから、たいして欲しくないキャラでも、一度課金したら後に引けなくなってしまうんです」

表示できません - Yahoo!ニュース

 

ソシャゲ依存ってパチンコや競馬などのギャンブル依存に近いんだろうな。そして人目に触れない分、さらにタチが悪いと…(;´Д`)

コメント