【サッカー】杉山茂樹「10点以上奪うのはマナー違反 相手を完全に殴り倒すのは礼儀知らず」

スポンサーリンク

14点奪うより大切なこと。5-0にしないと挑戦できなかった日本代表

スポンサーリンク

前半を終了して5-0。後半打ち止めにするか。10点取ってしまうのか。ハーフタイムの関心は、そこに集まっていた。

30日、フクダ電子アリーナで行なわれたモンゴル戦(W杯アジア2次予選)は、終わってみれば 14-0。クリンチで逃げるのが精一杯の、戦意を喪失したモンゴルに対し、日本は容赦なく最後まで殴りかかった。

日本の勝利自体は喜ばしいことではある。ただ、欧州では(南米でもそうだろうが)、10点以上奪うのはマナー違反。得失点差が絡んだ試合でない限り、5点ぐらいで打ち止めにしようとする風土がある。

スポンサーリンク

フランスがそうだった。2001年3月。スタッド・ドゥ・フランスで行なわれたフランス対日本の親善試合。日本が0-5で大敗した試合だ。その後半なかばだった。ロベール・ピレスがタッチライン際でボールを受け、前進しようとした瞬間、背後のベンチから声が飛んだ。

「もう止めておけ」

フランスは日本の息の根を止めることを避けようとした。相手を完全に殴り倒すことは、スポーツの親善外交上、好ましくない振る舞い。礼儀知らずの作法になる。

スポンサーリンク

一方、ドイツは2002年日韓共催W杯で、サウジアラビアに8-0の勝利を収めた。欧州各国はその行きすぎた行為に対して、非難を浴びせたものだ。しかしドイツは懲りることなく2014年ブラジルW杯で、再びマナー違反を冒す。準決勝でブラジルに7-1の勝利を飾る。開催国を奈落の底に突き落とす礼儀知らずの大勝劇を演じた。その夜、ブラジル全土に放送された現地のスポーツニュースは、ドイツの攻撃を、空爆の被害を受ける実際の戦争映像と重ね合わせる自虐的とも言うべき手法で、大敗を悼もうとした。

スポンサーリンク

モンゴルをコテンパンにやっつけてしまった日本を褒める気はしない。日本が欧州大陸の一国だったら、糾弾されていたに違いない。モンゴルのサッカー界が、ショックでしばらく寝込んでしまう可能性を、否定することはできないからだ。

日本は最後の最後まで、あまりにも大真面目に戦った。そして、現場に漂うこのいきすぎた真面目さが、逆に、強化の足枷にもなっている気がしてならないのだ。

この試合で、森保一監督は布陣の変更にトライした。4-2-3-1から4-3-3へ。後者の採用は、日本代表監督に就任してから初の試みになる。この大勝利の中で一番心に留めておきたい事例になる。

スポンサーリンク

それが実行されたのは後半の頭からだった。5-0になってからである。

話は前後するが、この日のスタメンは、5日前に行なわれた韓国戦から、両サイドバック(SB)が入れ替わっただけだった。

まず、ここに問題を感じる。森保監督は試合後、今回招集した代表初招集8人を含むフィールドプレーヤーを、この2試合で全員起用した事実について、記者から問われると「Jリーグのためになる。他の選手の奮起に繋がる。底上げになる」と、胸を張った。

スポンサーリンク

だが、韓国戦は親善試合だ。モンゴル戦はれっきとした公式戦ながら、相手は弱者だ。招集した選手をほぼ均等に使うぐらいの余裕が監督には求められる。

だが、スタメンの変更はわずか2人。ともに韓国戦の後半41分から出場した川辺駿(サンフレッチェ広島)、脇坂泰斗(川崎フロンターレ)の出場時間は、2試合を通じてわずか4分。モンゴル戦に途中出場した畠中槙之輔(横浜F・マリノス、19分)、中谷進之介(名古屋グランパス、26分)、稲垣祥(名古屋、27分)らも、けっして多くなかった。真面目を通り越えた慎重すぎる采配。失敗を恐れた無難すぎる采配と言ってもいい。

スポンサーリンク

寄稿したアルゼンチンU-24アルゼンチン代表戦のレポート(『久保建英も田中碧も日本選手は「無難」。アルゼンチン戦大勝も素直に喜べない』)では、選手の弱腰な姿勢について記したが、監督の生真面目な気質が、選手に伝染している格好と言っていい。  モンゴルから14点奪うことより、大切なことはある。韓国戦と同様の、ベストメンバー同然のスタメンで2戦目に臨むなら、布陣変更も、試合の頭からトライすればよかったのだ。試したのは5-0になってから。石橋を叩いて渡るにもほどがある。「そりゃ何かを試さないと時間を持て余してしまうだろ」と突っ込みたくなる。

スポンサーリンク

◆サプライズ選出や不当な扱いも。外国人監督に翻弄された日本代表の選手たち>>

それはともかく、この4-2-3-1から4-3-3への変更を最も歓迎したのは、右のインサイドハーフに収まることになった南野拓実(サウサンプトン)だろう。

韓国戦に続き、南野は4-2-3-1の3の左で先発出場した。韓国戦で代表デビューを飾った小川諒也(左SB/FC東京)、この日が代表デビューの松原健(右SB/横浜FM)、さらには、守田英正(守備的MF/サンタクルス)、鎌田大地(1トップ下/フランクフルト)、伊東純也(右ウイング/ゲンク)らが、溌剌としたプレーを繰り広げるなかで、南野はひとり蚊帳の外という感じだった。4-2-3-1の3の左に適性を見いだせず苦戦。韓国戦より、ずいぶん開き気味に、ウイング然と構えたが、逆サイドの伊東と比べると、ハマった状態にないことが一目瞭然だった。

スポンサーリンク

南野の適性は1トップ下だが、そこには鎌田がデンと構えている。どちらかひとりという選択になれば、もはや鎌田が勝った状態にある。一方、今回はU-24に回ったが、左ウイングにも売り出し中の選手がいる。三笘薫(川崎フロンターレ)だ。三笘との比較でも、南野は劣った状態にある。

4-2-3-1、あるいはそこから派生する4-4-2上において、南野は居場所を見いだしにくくなっていた。

スポンサーリンク

森保監督はハーフタイム、韓国戦に続き4-2-3-1の2の左で先発し、活躍していた守田に代わり、浅野拓磨(パルチザン)を投入した。ベンチに下げる選手と、異なるポジションの選手を投入するいわゆる戦術的交代である。浅野が収まった場所は左ウイングで、南野は鎌田のさらに右へと移動した。

守備的MFは1枚に減ったので、中盤3人の構成は正三角形型から逆三角形に変化した。4-「3」―3の「3」の並びそのものである。

スポンサーリンク

南野は鎌田とともにインサイドハーフの座に就いたのだ。この瞬間、南野に対するポジション的な違和感は完全に解消された。水を得た魚と化した。

4-2-3-1と4-3-3。ふたつは言ってみれば、親戚のような関係にある布陣だ。4-2-3-1は4-4-2と4-3-3の中間型。4-4-2はプレッシングサッカーの定番布陣で、4-3-3はオランダ代表、バルセロナ系の攻撃的布陣だ。

プレッシング時代のミランで活躍した、元オランダ代表のフランク・ライカールト(元バルセロナ監督)は、筆者の質問に「4-2-3-1は(<4-4-2>+<4-3-3>)÷2だ」と解説した。また、4-2-3-1の生みの親、フース・ヒディンク元オランダ代表監督によれば「4-3-3の両ウイングをMF的にした布陣」となる。

スポンサーリンク

森保監督は、4-2-3-1、その1トップ下にFWっぽい選手を起用する4-4-2は使用しても、4-3-3は使ってこなかった。むしろ森保監督は、4-2-3-1と水と油の関係にある3-4-2-1を、もうひとつの選択肢にしてきた。五輪チームはもっぱら3-4-2-1で戦ってきた。

それがここに来てようやく4-3-3をテストした。Jリーグでは川崎、横浜FMなどが採用する布陣。世界的にも高いシェア率を誇るこの布陣を、遅まきながらテストした。

だが、この時点で稲垣祥を森保監督は起用していなかった。Jリーグのベスト11に毎週選びたくなる守備的MFだ。そして後半18分、すでにベンチに下がった守田と同タイプのこの好選手を、森保監督はピッチに送り込んだ。交代相手は同ポジションの遠藤航(シュツットガルト)ではなく、鎌田だった。つまり、布陣は再び4-2-3-1に戻ることになった。

スポンサーリンク

4-3-3をテストした時間は、後半開始から僅かに18分。テストを開始したときのスコアは、しかも5-0だった。これをもってトライした、チャレンジしたと言っているようでは、強化は遅々として進まない。チームは進化していかないのだ。

14-0。強化ということで考えれば、歴史的大勝劇の陰で露呈した監督の采配が心配になる。モンゴル相手に大胆になれない、よく言えば生真面目さ。悪く言えば臆病さ、心配性。それとチームの進歩は密接に関係している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9f0f1f71930317adb1489418755feb76c4357ea2?page=1

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

全力で戦うことが非礼というなら、コールド制とかルール改正しろよ😩😩😩

コメント