【これは凄い】SKE48須田亜香里、1000票入れた伝説の大ファンの消息が判明し大号泣

SKE48須田亜香里が、21日放送の『芸能人モヤモヤ事件簿』(フジテレビ系)に出演。活動当初から応援してくれていた伝説の大ファンの消息に大号泣する一幕があった。

そのファンの名は「ごっつさん」。
須田は2010年、まだAKB総選挙で圏外だったが、翌2011年いきなり36位にランクイン。
それは、ごっつさんが須田に1000票を入れたことが影響していた。
だがそんな恩人は2014年頃を機に握手会に来てくれなくなってしまったのだとか。

そこで番組が総力を挙げてごっつさんの消息を追跡。
須田が開設しているTwitterやInstagram、公式ブログ、ファンメールなど7つのSNSのフォロワーから「ごっつ」と名乗っているアカウントにメッセージ。
さらに須田ファンの専用応援アカウントにも協力を依頼し、捜索していることを拡散してもらった。

また全国各地で開かれているAKBの握手会に出向き、聞き込みを続けること3週間。
ついに「ごっつさん」本人からアプローチが。
直接対面し真相を聞き出すと、最後に会った握手会から半年後、脳梗塞で倒れていたことが発覚。

幸い一命は取り留めたものの、喋ることも歩くこともままらならなかったという。
先の見えない入院生活で彼を勇気づけたのは、総選挙で躍進を続ける須田の姿。
彼女の頑張りの背中を押され、ごっつさんも2年間懸命のリハビリ。
今年ついに社会復帰を果たした。

だがごっつさんによれば、「後遺症でカタコトであるため、迷惑がかかるから」と思い握手会には行っていないと告白。
それでも今年、「AKB48世界選抜総選挙」で、須田がかつて言っていた「上位に入りたい」という夢がかなって男泣きしたという。
さらに退院したあとは須田に票を投じているとも明かした。

知られざる真実を辿ったVTRに須田はスタジオで大号泣。
しかもそんな恩人から届いた手紙に「ありがとうございます」「本当に嬉しかった」とさらに涙を流していた。
また、ごっさんが遠慮している握手会にも「姿が見られるだけで嬉しい」と、来てくれることを望んでいた。

須田亜香里が1000票入れたファンの消息に大号泣 脳梗塞で倒れ - ライブドアニュース
21日の番組で、須田亜香里にかつて1000票を投じた伝説の大ファンを捜索した。握手会に来なくなった理由は脳梗塞で倒れたからで、今も後遺症があるという。リハビリ生活では須田の躍進が勇気づけたなどと知り、須田は大号泣した

 

ええ話やないかい…( ;∀;)

コメント