sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

【動画あり】ロシア貨物機 シベリア上空で金の延べ棒200本 3.4トン分ばらまく 雪原で行方不明 時価総額は390億円

   

【動画あり】ロシア貨物機 シベリア上空で金の延べ棒200本 3.4トン分ばらまく 雪原で行方不明 時価総額は390億円

 極東ロシアの空港で先月15日、貨物輸送機「アントノフAn-12」の飛行中、ハッチが開き、金の延べ棒200本を含む貴金属が、空中にばらまかれる事故が起きた。金は総重量3.4トン、時価総額210億ルーブル分(約390億円)に相当するという。

ロシア国営イタルタス通信やシベリアン・タイムズによると、先月15日、シベリアのヤクーツク空港で「ニンバス・エア(Nimbus Air Company)」所有の貨物輸送機が、離陸直後に貨物ハッチが開き、積み荷の一部が滑走路や周辺に落下した。

貨物輸送機はヤクーツク空港を離陸後、16キロほど飛行を続け、途中で事故に気づき、ヤクーツク空港から北西に26キロ離れたマガン空港に緊急着陸した。この事故でけが人はいなかったが、積み荷の金やプラチナ、ダイヤなど10トン近い貴金属が周辺の雪原に散乱。

当時、貨物室内には金の延べ棒だけでも200本分、総額で390億円分の貴金属を搭載していたと言われているが、滑走路周辺で見つかったのは、金の延べ棒172本のみで、残りは広大な雪原の中に埋もれていると考えられている。

ヤクーツク空港や地元メディアによると、積荷の固定方法に問題があり、貨物室内で片側に偏った際にハッチが開いたと考えられており、主翼の後ろの開閉翼(フラップ)が壊れていることが確認された。

「アントノフAn-12」は東西冷戦時代に旧ソ連(現ウクライナ)のアントノフ設計所が開発した輸送機で、21世紀になった現在でもソ連から独立した国家で運用が続けられている年代物だ。

輸送機は、カナダのキンロス金山が所有する鉱山が所有するもので、ダイヤモンド鉱山や金山、銀山を周回するために使われているという。

http://sp.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/4/24275.html

 

ちょっとシベリア行ってくるε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット