首都圏鉄道遅延ランキング

ほぼ毎日遅れる路線は総武線、千代田線そして…首都圏鉄道遅延ランキングワースト40

新年度が始まり、通勤や通学で電車通いを始めた人もいることだろう。だが、都内の酷い路線では、朝電車が時間通りに来ず、発車時間を示すホーム上の電光掲示板も消えてしまっていることが多い。

JR総武線で都内に通勤する40代男性はこう言う。

「10年以上千葉県から都内に通勤していますが、職場に近づくにつれて車内の混雑が酷くなり、働く前から憂鬱になります。電車が時間通りに着かないこともザラです。ラッシュを避けるため、朝早く出て、6時台の電車に乗る毎日が続いています。おかげで健康的な日々を過ごせていますよ」

一方で、記者が普段乗る都営新宿線のように、ラッシュ時でもギュウギュウというほどの混雑ではなく、遅れもあまりない路線もある。どちらも都内東部から千葉県にかけ、割と近い区間を走る路線だが、その差は大きいようだ。

統計の上ではどうなのだろうか。国土交通省では、首都圏を走る45路線を対象に、1ヶ月あたりの遅延証明書発行日数状況を示したデータを公表している。これは1ヶ月を平日20日と見なし、このうちの何日間遅れたかというもの。この日数を20で割ることで、「遅延率」を計算することができる。

データを遅延日数の多い順に見ると、上位10位のうち、JRの路線が8つもランクインしている。中でも、1位の中央・総武線各駅停車(三鷹~千葉駅間)は19.1日と、ほぼ毎日遅延証明書が発行されている結果となった。2位は宇都宮線・高崎線(上野~那須塩原・神保原駅間)、東京メトロ千代田線が18.4日で同率に並んだ。大手私鉄では他に小田急線が17.9日と5位に入っている。小田急線と千代田線は直通乗り入れをしており、遅れが連続しているものとみられる。10位から20位の間をみると、11位の東西線(16.4日)、12位の有楽町線(16.0日)、14位の半蔵門線(15.6日)というように、JRに代わる形で東京メトロの各路線が登場するのも特徴だ。

一方、遅延率の低い路線はどうか。都内と郊外を結ぶ主要路線の中では41位の東武東上線(4.8日)、38位の京王線(6.3日)、36位の京急本線(7.1日)、31位京成本線(8.8日)、30位の都営新宿線(8.9日)、29位の都営浅草線(10.4日)などがあげられる。東武東上線をのぞけば、こうした路線はJRに近いところを走り、競合関係という特徴がある。こうした地域にお住まいの人は、毎朝乗る電車をJR以外に変えてみることで、環境が良くなる可能性がある。

今後の首都圏の遅延状況についてどうなるのか、遅延に関するデータをまとめた国交省鉄道サービス政策室はこう分析する。

「首都圏の鉄道路線の遅延率や混雑に関する状況は近年横ばい傾向が続いています。こうした状況をさらに改善するには、今年3月に完了した小田急線の複々線化工事のように、ハード面での投資が必要になります。また、近年は各鉄道各社さんでホームドアの設置が進んでいるので、それによる遅延率の低下は今後期待できるかもしれません」

現在、各鉄道会社が急ピッチでホームドアの設置を進めている。これは単なる自殺の防止だけでなく、接触などの事故も防止できることから、事故による遅延と混雑緩和が期待されるという。ホームドアの設置が今後も進めば、混雑はともかく、遅延に関しては少なくともマシになるかもしれない。

ほぼ毎日遅れる路線は総武線、千代田線そして…首都圏鉄道遅延ランキングワースト40 〈dot.〉
 新年度が始まり、通勤や通学で電車通いを始めた人もいることだろう。だが、都内の酷い路線では、朝電車が時間通りに来ず、発車時間を示すホーム上の電光掲示板も消えてしまっていることが多い。  JR総武線で都...

 

ワイも経験あるけど遅延ばかりの電車で通勤するのはほんとストレスなんだよね(;´Д`)

コメント