sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

「宿題代行サービス」自由研究1万5000円でも依頼殺到”する理由とは?

   

【話題】「宿題代行サービス」賛成?反対?“自由研究1万5000円でも依頼殺到”の背景

いよいよ夏休み!学校からも塾からも宿題がどっさり出て、夏休みなのに勉強漬けな子をかわいそうに感じることもあるかもしれません。巷にはそんな親心をくんだ(?)宿題代行業なんてサービスも。今回はこの宿題代行サービスの是非と、それが求められる背景についてお話しします。

どっさり出された、子どもの夏休みの宿題。塾からの宿題もあるし、だからといって未提出では親も子も担任に叱られてしまう……。

そんなとき、「宿題に追われる子どもが可哀想」と考えて、宿題代行業者に依頼したくなるママもいるようです。

このサービス、あなたは賛成派?反対派?

夏になると登場する宿題代行サービス。宿題には算数、国語のプリントだけでなく、絵日記や自由研究もあります。夏休みだけでなく、続いてやってくる冬休み、春休みのために宿題代行の予約をする家庭もあるというのには驚きです。

せっかくの夏休みなのに、こんなサービスがあるほど宿題に追われている子が多いことに対して疑問を感じてしまいます。

今回はこの宿題代行サービスの是非と、それが求められる背景について『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』の著者の立石美津子が考えてみます。

宿題代行業とは

「学校の勉強よりも、進学にダイレクトに役立つ塾での勉強を優先させたい親子」が主に利用しているようですが、どっさり出された宿題を前に「途方にくれてしまった親子」の利用も少なくないようです。

自由研究の代行は1万5000円、作文の代行は400字詰め原稿用紙1枚5000円といったように、お金を払って宿題を片付けてもらうサービスです。

宿題の意味

宿題というフレーズを聞いて、良いイメージを持つ人はあまりいません。「面倒なもの」「できればやりたくない」そんな印象がありますよね。

でも、そもそも、宿題って何のためにあるのでしょうか。

子どもは大人になり自立していく上で必要な学力や様々な知識を学校で学んできます。でも、授業で受けてわかったような気がしていても、自宅に帰ってから復習、つまり“再生的学習”をしなければ学力として定着していきません。

40日近くある夏休み中に、4月から7月まで学校で習ってきた内容に一切触れることなく遊び呆けていたら、記憶から飛んでいってしまいます。けれども、そのことを自分自身でわかっていて「今まで勉強したことを忘れないように」と自主的に勉強する子はあまりいません。

そのため、担任の先生から強制的に夏休みの宿題が出ます。

でも、塾の夏期講習に通う子もいます。そうなると塾からの宿題もあります。それぞれの大人サイドが良かれと思って出している宿題も、結果的に一人の子どもに与えられる学習量が多すぎると子どもが追い詰められてしまいます。

先に述べたように、本来、宿題とは学んだことを定着させるために家庭で行うもの。紛れもなく自分の学力向上や、自分の未来を切り開くための力をつけてくれるものです。

けれども、その量が膨大で我が子が苦しんでいると、見るに見かねておかしな解決法を選択する親が出てくるのですね。

宿題代行業を利用する一番のデメリット

宿題代行業者は依頼主の子どもの筆跡を真似てみたり、完璧な正解を記入してしまうと大人がやったことが学校側にばれてしまうので、微妙に答えを間違えてみたり、先生を欺く術を熟知しているのでこれを駆使します。

もし、嘘がばれてしまったらサービスの意味がなくなるからです。

けれども、先生を騙すことができても、子どもの心は騙せません。子どもは「僕がやったものではない」「私が書いたものではない」ことを一番知っています。「お金を払って宿題を他人にやってもらい、先生にばれなければそれでいい」という経験をさせてしまっているのです。

9月1日に赤の他人の大人が書いた作文やプリントを先生に「はい、宿題をやってきました」とシレッとした顔を繕って出すとき、子どもがどんな気持ちでいるか想像してみてください。

どうしたらよいのか

「進学のための塾の課題に追われている」「親が見てやれない」「長期の旅行に行く」など、宿題をやりきれない事情は家庭によりそれぞれあります。

宿題をやりきれないことを親からもはっきりと学校側に伝えることが必要です。担任との話し合いです。

また、やり切れる量の宿題を出されているのに子ども自身がさぼっている場合は、親が変な小細工をして先生を騙すのは止めましょう。

8月31日に徹夜して大変な思いをしたり、自由研究を提出できずに恥ずかしい思い、つまり失敗体験をすることで「来年の夏休みからは計画的にこなそう!」と反省するようにもなります。それを親がお金を払って責任を取る必要はないのではないでしょうか。

まとめ

学校から「お子さんが宿題をきちんとやるように、お家の人が見てください」と指示があることもあり、“子どもが宿題をやらない=親の責任”と追い詰められ、お金で解決する宿題代行サービスに頼りたくなってしまう気持ちも分からなくはありません。

世の需要があるため、こんなサービスも出てくるのですね。でも、子どもの教育のためのこのサービス、お掃除などの家事代行業とは意味が違います。

皆さんはどう思いますか?

http://ure.pia.co.jp/articles/-/83310

親がこんなサービスを使おうとするのを見て子供がそれを止めようとしないなら、その時点で教育が失敗してるんじゃないかとも思う(;・∀・)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット