【動画あり】アメリカ海洋大気庁の研究者、メキシコ湾の深海で『正体不明の“イカ”』を発見する

【動画あり】アメリカ海洋大気庁の研究者、メキシコ湾の深海で『正体不明の“イカ”』を発見する

この生物はいったい・・・

4月11日からメキシコ湾の深海を調査中であるアメリカ海洋大気庁NOAA’s Okeanos Explorerの研究者らは先日深海調査中に「正体不明の“イカ”」を発見したという。

この生物はコウモリダコの一種の可能性が高いとされているが、今の所専門家でも種の同定は難しいようだ。

メキシコ湾の深海でアメリカ海洋大気庁の研究者らによって発見されたこの生物。体色はとても深い赤色をしており、その外見はコウモリダコに似ている。

アメリカ海洋大気庁の研究者はこの生物がコウモリダコの一種ではないかと考えているが、現在のところ詳細な研究はなされていないため「正体不明の“イカ”」と呼んでいるとのこと。


4月11日から始まったこのミッション。NOAAでは5月3日までメキシコ湾の深海に生息する生物と地形、難破船などを調査する予定であり、その様子は公式YouTubeチャンネルでライブ配信されている。

この他にもNOAAの研究者は様々な深海生物を発見しており、ライブ映像では発見された深海生物をリアルタイムでみることができる。

404 Not Found | このページは存在しないか、すでに削除されています

 

NOAAの深海ライブ映像はマジで面白いのでおすすめ!深海には夢がある(*´∀`*)

コメント