sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

日本の出生数、初の100万人割れ 少子化止まらず

   

日本の出生数、初の100万人割れ 少子化止まらず

今年の出生数、初の100万人割れ…厚労省推計

厚生労働省が近く公表する2016年の人口動態統計年間推計で、同年に生まれた赤ちゃんの数(出生数)が98万1000人と推計されることがわかった。
前年の100万5677人(確定数)から2万人以上減った。出生数が100万人を割り込むのは、統計を取り始めた1899年以降、初めて。少子化に歯止めがかからない状況を改めて浮き彫りにしている。

人口動態統計の年間推計は、出生数や死亡数などについて1~10月の増減率などを基に、11、12月分を予測して算出している。出生数が減少している背景には、第2次ベビーブーム世代(1971~74年生まれ)の女性が40歳代半ばにさしかかったことや、平均的な初婚年齢が上昇していることがある。

http://www.yomiuri.co.jp/national/20161222-OYT1T50005.html

少子化対策は20年遅かった。もう日本は完全に手遅れ。

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット