【悲報】食用馬、動物愛護団体の標的に

スポンサーリンク

食用馬を巡るカナダと日本の関係は、一部地域でしか馬肉を食べる習慣のないカナダ国内では関心が低かった。

スポンサーリンク

しかし、公共放送CBCが6月動物愛護団体が日本への食用馬の空輸法に問題があるとしてカナダ政府を訴えた裁判について報じ、カナダ国内では注目を集めている。

原告団体の役員シニッカ・クロスランドさん(66)は、木枠で詰め込まれ頭部がはみ出したまま輸送機に搬入することを確認したという「カナダの家畜輸送規則に違反しており空輸中に馬が死ぬ事故も起きている。こうした非人道的な馬の輸出をやめさせなければならない」と主張する。

スポンサーリンク

署名サイトには9月末までに16万を越える賛同が集りTwitterでは「馬が殺されるためだけに輸出されているなんて知らなかった」「クジラの問題と同じだ皆で反対の声を上げよう」「日本が大好きだったのに許せない」など過激な意見も見られる。

https://www.yomiuri.co.jp/world/20191007-OYT1T50291/

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

白人は自分達が全て正しいと思ってるから…😩😩😩

コメント