【天才】神戸市のスーパー「食品ロスを減らす画期的な方法を考えました!消費期限が迫っている食品から買うように客にお願いしていこう!」

スーパーで食品ロス減呼びかけ

まだ食べられる食品が捨てられる「食品ロス」を減らそうと、神戸市内のスーパーが、消費期限が迫っている商品を優先的に購入するよう買い物客に呼びかけるキャンペーンをしています。

これは、神戸市と「生活協同組合コープこうべ」が連携して行っているものです。
スーパーなどで売れ残り、消費期限を過ぎた食品は廃棄処分されるため、神戸市中央区の「コープこうべ山手店」では、消費期限が迫っている商品を売り場の手前に置いて買い物客に優先的に購入するよう呼びかけています。
店内にはさまざまな場所に「手前から取ってね」と書かれたステッカーが貼られ、この日は神戸市の職員や従業員がチラシも配って食品ロス削減への協力を呼びかけました。

エラー|NHKオンライン

 

すぐ食べるならっていうけど、同じ値段なら少しでも新鮮なものをってのが人情。値引きされてるなら別だけどね。

コメント