【悲報】植物さん、人間に対して恐怖を感じていたと判明、ヴィーガン憤死

植物は人間が触れた30分後にはゲノムを変えてしまう

植物は人・動物・昆虫などとのわずかな接触によっても遺伝的防御反応を示し、接触が繰り返されると成長が著しく阻害されることが研究で示されました。植物は接触から30分以内にゲノムが変わると研究者は述べています。

Mitochondrial Function Modulates Touch Signalling in Arabidopsis thaliana – Xu – – The Plant Journal – Wiley Online Library
https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/tpj.14183

Plants don’t like touch: Green thumb myth dispelled — ScienceDaily
https://www.sciencedaily.com/releases/2018/12/181217105853.htm

Plants can feel you touching them—and they don’t like it — Quartz
https://qz.com/1499046/plants-can-feel-you-touching-them-and-they-dont-like-it/

植物の先端部分を毎日なでるなどすると、植物全体の成長が抑制されるという「接触形態形成」という現象は、これまでにも研究者が確認してきたところでした。また、植物が人間の接触を感じる様子は、オジギソウを触った時の反応からも見てとれます。

オジギソウはまれな例であり、多くの場合、植物が接触を感じている様子は目に見えません。しかし、新たな研究で、接触をトリガーとして植物のホルモンや遺伝子発現は劇的な反応を示すことが報告されています。これらの反応により、植物の成長は著しく阻害されるとのこと。

オーストラリアのラ・トローブ大学の研究者たちは、シロイヌナズナを柔らかい絵筆でなで、その後の、生物学的な反応を分析しました。研究を行ったJim Whelan氏は「人間や動物、昆虫などの接触、あるいは植物同士が風に揺られて触れることですら、大きな遺伝子応答を引き起こします」「なでてから30分以内に植物のゲノムの10%は変化します」と述べています。なお、シドニー・モーニング・ヘラルドの取材に対してWhelan氏は「植物に触ると最大10%の遺伝子が発現を変えられる」と述べていますが、ラ・トローブ大学のプレスリリースではわかりやすくするために「ゲノムの10%が変化する(10 per cent of the plant’s genome is altered)」という表現が使われているとのことです。

植物は脅威を感じても、人間のように逃げることができません。そのため、人間でいう免疫系の植物版のシステムが非常に繊細にできており、免疫系を刺激することで植物から菌類を撃退することも可能とわかっています。

一方で、新たな研究では、植物が接触に対して反応するには多くのリソースを要するため、成長が妨げられることが示されました。植物を複数回なでることで、その成長率が30%も小さくなるとのこと。同様の研究結果は過去にも発表されており、2016年には優しくなでるだけで何千という遺伝子の発現が変わってしまうことが示されています。

Whelan氏らチームが明らかにした事実は、より回復力のある植物の開発に役立つとも見られています。植物の防衛反応を変える方法がわかれば、より育つ植物を作り出せる可能性も考えられます。

植物は人間が触れた30分後にはゲノムを変えてしまう
植物は人・動物・昆虫などとのわずかな接触によっても遺伝的防御反応を示し、接触が繰り返されると成長が著しく阻害されることが研究で示されました。植物は接触から30分以内にゲノムが変わると研究者は述べています。

 

痛覚が無いからセーフ理論やろなぁ。。

コメント