【正論】中川翔子「全ての人類は義務教育で強制的に14歳になったらエヴァを観るべき」

スポンサーリンク

中川翔子「シン・エヴァ」鑑賞で感激 「ネタバレかましてこなかった全ての世界にありがとう」

スポンサーリンク

タレント中川翔子(35)が16日、自身のツイッターで、公開中のアニメ映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」を鑑賞したことを報告した。

同作の大ファンとしても知られる中川は、「やっと、観れました。シンエヴァ」とツイート。「小学校の頃からリアルタイムで全てを観てきて、観るのが怖かった終わるのが怖かったでも、」と続け、「ありがとうエヴァ。生きて今シンエヴァを観られてほんとうに良かった。そしてネタバレをかましてこなかった全ての世界にありがとう。エヴァが1番凄いんだやっぱり」と心境を伝えた。

スポンサーリンク

その興奮ぶりは簡単には収まらないのか、中川はさらに連続でツイートした。「ネタバレを絶対に浴びずに、絶対に劇場で観てほしいです もう、全ての人類は義務教育で強制的に14歳になったらエヴァを観る、でいいんじゃないかな」と、まさかの提案。「初めての気持ち、見た事ないもの、想像を超えてくれるもの、なにもかもエヴァだけがくれた衝撃だよ。ありがとうエヴァ。泣いたよ」ともつづった。

スポンサーリンク

同作は人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の最新作。昨年6月に公開予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、公開が2度にわたり延期されていた。今月8日の公開から7日間で、興行収入33・4億円、観客動員も219万人を超える大ヒットを記録している。

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/03/17/kiji/20210317s00041000290000c.html

スポンサーリンク

関連記事はこちら

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

さすが俺たちのしょこたんだ😂😂😂

コメント