【訃報】「ショーケン」萩原健一さん死去

「ショーケン」萩原健一さん死去

「太陽にほえろ!」や「傷だらけの天使」などのテレビドラマで人気を集め、「ショーケン」の愛称で親しまれた俳優で歌手の萩原健一さんが26日東京都内の病院で亡くなりました。
68歳でした。

萩原健一さんは、昭和25年に埼玉県で生まれ、バンド「ザ・テンプターズ」のボーカルとして10代でデビューし、当時のグループ・サウンズブームの中で「エメラルドの伝説」などのヒット曲を飛ばし、「ショーケン」の愛称で一躍人気を集めました。
バンドを解散したあとは俳優として活動の幅を広げて数多くの作品に出演し、昭和47年に始まった民放のテレビドラマ「太陽にほえろ!」では、新人刑事の「マカロニ」役で人気を集めたほか、主演ドラマ「傷だらけの天使」では、粗暴で仁義に厚い探偵の役がはまり役となり、相棒を演じた水谷豊さんと共に若者から大きな支持を得ました。
一方で、俳優のいしだあゆみさんとの結婚とその後の離婚や、大麻不法所持での逮捕など、私生活が注目されることもありました。
萩原さんは近年もソロミュージシャンとしての音楽活動や俳優業を続け、おととしにはデビュー50周年を記念したライブツアーを行ったほか、去年9月から放送されたNHKの土曜ドラマ「不惑のスクラム」に出演するなど、精力的に活動を続けていました。
所属事務所によりますと、その一方で平成23年から闘病を続けていたということで、26日午前10時半、消化管間質腫瘍のため東京都内の病院で亡くなったということです。

https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20190328/0027552.html

sakamobi
sakamobi

ご冥福をお祈りいたします

コメント