【猛暑】1キロ離れた公園で校外学習の小1児童が熱中症で死亡 「疲れた」と訴えるも歩かせる…豊田市立梅坪小学校

【猛暑】1キロ離れた公園で校外学習の小1児童が熱中症で死亡 「疲れた」と訴えるも歩かせる…豊田市立梅坪小学校

17日午前、愛知県豊田市で小学校の校外学習に参加した1年生の男子児童が学校に戻ったあと意識を失い、熱中症で死亡しました。豊田市は、午前中から気温が30度を超え、気象台は、愛知県に高温注意情報を出していました。

愛知県の豊田市教育委員会によりますと、死亡したのは豊田市立梅坪小学校の1年生の男子児童です。

児童は、17日午前、学校から1キロ離れた公園で行われた校外学習に参加し、学校に戻ったあと意識を失って心肺停止になり、その後、死亡が確認されました。

熱中症と診断されたということです。

校外学習は、午前10時すぎから、1年生およそ110人が参加して行われ、30分ほど虫取りや遊具などで遊んだあと、11時半ごろに学校に戻ったということです。

児童は、公園に行く際、前を歩いていた児童から遅れ、「疲れた」と訴えたため、担任の教師が手を引いて歩いたということで、帰りも「疲れた」と話していたということです。

豊田市教育委員会学校教育課の鈴木直樹課長は「学校の教育活動の中で児童が亡くなるという重大な事態が発生した。深くおわび申し上げます」と陳謝しました。

また、梅坪小学校の藪下隆校長は「結果的に大事な子どもの命がなくなってしまい判断が甘かったと痛感している」と話しました。

気象台によりますと、豊田市は、きょう午前9時に30度4分を観測し、熱中症の危険が特に高まっているとして、気象台は愛知県に高温注意情報を出していました。

校長「悔やんでも悔やみきれない」

梅坪小学校の薮下隆校長は「このような天気で、行事を中止すべきだったのに、なぜその判断ができなかったのか、悔やんでも悔やみきれない。夏休みを控え、今週金曜日で授業は終わるので、大きな学校行事はないが熱中症に配慮していきたい」と話しました。
そして薮下校長は17日夕方、担任や学年主任とともに男子児童の自宅を訪ね、家族に詳しい経緯を説明したということです。

校長によりますと、児童の母親らはショックを受けている様子だったということですが、担任の心境を気遣うようなことばをかけられたということです。

保護者「かわいそう」

2年生の娘が梅坪小学校に通っている母親は「学校の行事の方針もあるので何とも言えませんが、きょうはとても暑かったので、亡くなった子がかわいそうです」と話していました。

東京 渋谷でもサッカーしていた小学生5人搬送

17日午後、東京・渋谷区の小学校でサッカーをしていた児童5人が熱中症の症状を訴えて病院に運ばれました。いずれも症状は軽いということです。

17日午後1時ごろ、渋谷区上原の富谷小学校で授業の一環としてグラウンドでサッカーをしていた4年生の児童が熱中症の症状を訴えました。

小学校によりますと、当時、4年生の35人が参加していて一部の児童が教室に戻ったあとめまいなどを訴えたということです。

5人が病院に運ばれましたが症状はいずれも軽いということです。

担任の教諭はこまめに休憩をとらせて水分の補給もしていたということですが、小学校は「今後も厳しい暑さが続くので休み時間も含めて屋外での活動を控えるよう呼びかけていきたい」としています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180717/k10011536821000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_008

もはや日本の気候ってのは初夏に校外学習もできないようなレベルなんやね…(;´Д`)

コメント